なぜ、会社のパソコンから不倫相手にメールを出してはいけないか?

不倫相手とのメールのやり取りは、会社のメールアドレスや会社のパソコンを利用することで、携帯に履歴を残さない人がいます。一見かしこそうですが、大きなリスクがあります。


会社がメールを見る可能性

企業は、従業員の私用メールを私用電話と同様に、ある程度は黙認しています。しかし、メールは一定期間サーバーに蓄積されているので、企業側がその気になったら、従業員のメールを閲覧することができます。

過労死は不倫が原因だった?

こんな例があります。ある男性会社員が、毎晩遅くまで残業し、会社や近くのホテルに泊まるといった生活を続けた結果、身体に不調をきたし突然死をしました。残された妻や子供は、会社側が従業員に対して適切な仕事量の調整や健康管理を怠ったと訴えました。

確かに男性は、毎日遅くまで会社に残ってパソコンに向かい、仕事をしていたことが勤務記録に記載されています。そこで会社と顧問弁護士がパソコンやサーバーを調べたところ、出てきたのは不倫相手への大量のメール…そこには、午後11時ごろ発信された「今から会いに行く」といった内容の恋文が記録されていました…

従業員が会社に遅くまで居残っていたのは、仕事のためだけでなく、不倫相手との密会も目的のひとつだったのです。過労死の原因が毎夜のような不倫だというわけではないが、企業への責任追及がトーンダウンするのは避けられません。

会社のパソコンに弱みを残さない

プライバシーの問題があるため、通常時は企業が従業員のメール内容をチェックすることは基本的にはありませんが、リストラの嵐の中、私用メールが多いことを理由にリストラ策を迫ってくる可能性がないとはいえません。しかも、それが不倫相手との通信であった場合、会社はあなたの弱みを握っているも同然す。

現実に、企業が有利に交渉を運ぼうとする際に用いる手段です。会社のパソコンを利用する際は注意しましょう!

次の記事

「合コンを盛り上げるためのいじり術」

前の記事

「不倫で会社をクビになりますか? 会社を退職させられるのはこんなケース」

参考本

「不倫のリーガル・レッスン(日野 いつみ)」

    
コメント