浮気がバレない!? 浮気上級者の時間術

浮気する人にとって、浮気相手との時間の確保と使い方は、重要な課題です。実際の調査現場を通して、浮気上級者の動きを見ていると、細切れ時間をよく利用しているという共通点があります。


■浮気上級者(男性)の時間術

よくあるパターンは、出社時間と休日出勤です。会社で規定されている出勤時間から逆算して少し早めに自宅を出たり、退社後の帰り道を活用して、相手と連絡を取り合う、または、土曜日を休日出勤と偽ってデートをする、といったケースです。

体力のある20〜40代の不倫カップルにあるよくパターンとしては、時間に制限があっても、車内で数時間浮気相手の帰りを待つ人や、家族が寝静まってから深夜に会いに行くといった強者もいます。

時間とお金に自由がある自営業者や会社社長になると、出張と偽って海外旅行に行ったり、平日の日中から温泉デートをするケースもあります。

■浮気上級者(女性)の時間術

家庭にいる時間が当たり前になってしまった主婦。家計が苦しいことを言い訳に、近所のスーパーやコンビニ、ディスカウントストアでパート勤務をします。時間の読みにくいシフト制を上手に利用して、日中から浮気相手の男性と密会するという行動パターンです。

このように、自分の時間を犠牲にして浮気行動に走る人は、最近とても目立ちます。他にも、食事中にFacebook をしているように見せかけて、コメントやメッセージのやりとりをしたり、ゲームをしているように見せかけて、LINEでコミュニケーションをとっているケースも見られます。

現代のコミュニケーションツールを最大限に生かして、会えない時間を埋める。離れていても、離れている感を出さない。そんなこまめなケアをしつつ、バレない努力と浮気相手との心のつながりを大切にする。「細切れの時間を上手に使う」のは、浮気上級者の共通の手口といえます。

■スキマ時間を有効活用

浮気上級者は、移動時間やほんの少しのスキマ時間も有効活用しています。たとえば、電車での移動時間を週末の不倫旅行に備えて、旅先の情報収集、宿泊先や交通機関の予約を行なうなど、自宅に帰ってできない作業を電車の中でこっそり行なっています。ノートパソコンを開いて、レンタカーや航空券の予約をする人もいます。

人が寝たり遊んだりしてもおかしくない時間帯に、日頃できないことをここぞとばかりに実行しているのです。1分1秒を無駄にしないことも、浮気上級者に共通する点です。

浮気がバレたくない人は浮気上級者の時間術を参考にしてみてはいかがでしょうか?

次の記事

「浮気チェックをするために携帯を勝手に見てしまう理由」

前の記事

「LINEで浮気がバレる!? LINEで必要な2つの浮気対策」

参考本

「浮気がバレる男、バレない女(今野裕幸)」

    
コメント