合コンを盛り上げるためのいじられ術

合コンを盛り上げるには、いじられ術が有効です。あなたが合コンでいじられ役になり、合コンを盛り上げるためのいじられ術を紹介します。


■合コンを盛り上げるいじられの流れ

自分がいじられ役になった場合におすすめなのは、次のような流れを心掛けることです。

1. 自分のキャラ付けを行う
2. キャラに沿った行動やしぐさ、見た目などにこだわる
3. 会話の中で自分のキャラをさりげなくアピールする
4, アピールできたら、それを強調する、または違和感を見せる
5. もしだれもいじってこない場合は、自分で自分をいじる

いじられ役になる場合も、「キャラ付け」がポイントとなります。

■自分のキャラをアピールしていじられる

自分がいじられるということは、相手にいじってもらわなければいけないということです。いじりやすい人というのは、キャラのある人です。そこで、自分の行動やしぐさ、見た目などにキャラを入れ、さらに自分が話す内容も、いじられるために意識したものであることが必要なになります。

例えば、ロックキャラをあなたが出していこうと思った場合、どんな格好をして行きますか? 分かりやすく、ロックテイストな衣装やアクセサリーを身に付けますよね。そして、合コンの席で自分がバンドを組んでいるという話や、好きなミュージシャンの話などをして、自分のキャラクターをアピールしましょう。

ただし、上手くいじれる人がいない場合は、自分で自分をいじるという方法もあります。理想は信頼できる人にいじってもらうことですが、周りに良いいじり役がいない場合、自分で「ネタフリ」をしていじられる状況を作っていきましょう。

合コンで自分がいじられ役になる場合、まずは自分のキャラ付けを行い、会話の中で自分のキャラをさりげなくアピールし、それを強調したり、違和感を見せていくのが大切です。もしだれもいじってこない場合は、自分で自分をいじっていきましょう。

もちろん、いじられたいからといって、自分の話ばかりしても、空気の読めない奴になってしまいます。あくまで、場を盛り上げるために自分がいじられるというふうに考えて「いじられ役」になってください。相手にいじり役を押し付けて、自分ばかりが目立とうとしては、場もシラケてしまいます。

自分がいじられ役になり、合コンを上手に盛り上げちゃいましょう!

次の記事

「モテる男だけが知っている、合コンで好感度を上げるテクニック」

前の記事

「合コンを盛り上げるためのいじり術」

参考本

「お笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術(田中イデア)」

    
コメント