モテる男だけが知っている、合コンで好感度を上げるテクニック

学生、社会人の出会いの場の一つとなっている合同コンパ(合コン)。けれども、合コンでお目当ての女性とどうも懇意になれない……なんて悩みを抱えている人も少なくないでしょう。そこで今回は、モテる男だけが知っている合コンで好感度を上げるテクニックをご紹介します。


1. 腹3分目で合コンに臨むべし

合コン中に出される食事に対して、どのくらい気を遣っていますか? モテる男は食事の量にも気をつけます。空腹状態だと食べることに集中してしまい、会話ができません。だからといって、全く食事に手をつけず、小食すぎると判断されるのも良くないので、前もって軽く食事をお腹に入れてから参加をしてみると良いでしょう。

2. 自己紹介には一言付け足す

大抵の人が悩んでいるのが自己紹介のやり方なのではないのでしょうか。あまり喋らずに、一言だけ話すだけでも素っ気ないという印象を与えてしまい、だからといって、しゃべり過ぎも「空気が読めない」男となってしまいます。バランスをとって、自己紹介は名前と基本情報だけ言った後は、一言だけ付け足すようにしましょう。

3. 狙った子の左側に座る

 
狙った子と話す時の位置関係にも気をつけましょう。もし、女の子が右利きであるならば左、また左利きならば右に座るようにしましょう。そうすることによって、壁を取り払えるため、より親密な関係になる可能性が増えます。

4. 会話は相槌豊かに

女性が話してきた内容に関しても、相槌を打つように心がけましょう。聞いているという姿勢がない人には話をしたくないものです。ここで、更に相槌にバリエーションがあると、好意があるとこが伝わるようになります。興味を持って聞いている姿勢をアピールしましょう。

5. リアルは下ネタはNG

同性同士で話すのと異性同士で話すのは異なります。男同士で下ネタは盛り上がるかもしれませんが、女性相手にも通じるわけではありません。むしろ、放送禁止用語だらけの体験談などは確実に引かれてしまうので、やめましょう。

6. 奉仕はほどほど

女性用に皿を取り分けてあげたり、ドアを開けてあげたりなど、こまめに男性が働いていると気が利く男性だと思われるのは確かです。けれども、行き過ぎた奉仕は、合コン慣れした遊び人だと印象になってしまいます。

合コンで使えるテクニックはすぐに使えるものばかり。気をつけて女性と接してみてはいかがでしょうか。

次の記事

「合コン完全マニュアル!!女心を掴むためのモテ男テクとは」

前の記事

「合コンを盛り上げるためのいじられ術」

参考本

「イケメン≠モテメンの新常識(斉田 直世)」

    
コメント