女性が知るべき婚活男性の傾向とは

”男性には自分からなにかをしてあげたりしてはダメ”

なんてこともまことしやかに云われている婚活マナー。そんなマナーを駆使して婚活をしているのに何年たっても素敵なひとに巡り会えなくて...という話をよく聞きます。相手に希望する条件が高すぎ!なんてこともよくありますが、男性のニーズを理解していない女性も多いようです。そこでイマドキの婚活してる男性のニーズを調べてみました。


■専業主婦を希望する男性はいない

婚活の目的はその名のとおり条件の良い相手を探す事。女性側のホンネとしては家庭に入って専業主婦をしたいというのもありますが、相手に仕事を続けてほしいですか?と婚活している男性に質問したところ「続けて欲しい」と回答した人が41%ともっとも高く、「辞めて欲しい」と回答した男性はわずか1%でした。

消費税増税も控える中、世帯収入は多いにこしたことはないと考える男性が多い事が伺えます。

■もはや家事・育児参加は当たり前

結婚後の家事や育児は手伝って欲しい!と考える婚活女性は65%。多くの女性が相手に家事/育児の参加を求めている事がわかる一方で、「家事/育児に参加したい」という婚活している男性は、なんと女性よりも高く71%もいました。

婚活で知り合う男性は、家事/育児をふたりで分担するのは当たり前と考えている人が多いようです。

■明るくて几帳面な女性が好まれる

婚活男性に相手の几帳面さを聞いたところ、気にしないと回答した50%に続いて圧倒的に多かった回答が「好まれる」の43%。また相手に希望する性格も「ポジティブ」が好きと回答した男性は65%でした。

結婚するなら「明るくて几帳面」な女性がいいという想いは、昔から変わらない部分といえそうです。

最高の恋は、最高のタイミングでやってくる!!といわれますが、婚活に勝つ鉄則は「相手を選ぶ」こと。今回ご紹介した3つの傾向をよく知った上で相手を選べば、最高の恋がやってくるのかもしれませんね。

次の記事

「独身女性が高収入男性を求める理由」

前の記事

「婚活女性はM多い?婚活サイトにみる女性が望む3つの条件」

■取材協力:ソーシャル婚活サイト frigg (http://frigg.lv)

    
コメント