絶対に付き合ってはいけない男3つのタイプ

結婚後の生活が大きく変わるのは女性です。幸せな結婚生活を送れるかどうかは、男性選びで決まります。こんなはずじゃなかったと後悔しないために、絶対に付き合ってはいけない男3つのタイプをご紹介します。


1. ヒルズ系お金持ち

みんなが憧れる高収入、高ステイタスな男性。一見、華やかそうに見えますが財を成した男性のもとには、お金目当てで群がってくる人が絶えず、次第に人間不信に陥るケースが多いです。並み居るライバルを蹴散らして晴れて彼女の座を射止めてからも大変です。

「どうせ僕のこと金目当てなんでしょ?」

と、ことあるごとにネチネチ言われるからです。誰のおかげで食わせてもらってると思ってるんだなどと口汚くののしったり、お金や地位の有無で人を見下す男性が多いのも特徴です。

セレブ妻として裕福な生活はできるかもしれませんが、精神的に張りつめた日々になりそう。ただしリッチになるちょっと手前で出会ってサポートすればうまくいきます。

2. 女性のキャリアを応援できない男性

女性のキャリア志向に対して理解のある男性は、仕事にやりがいを感じている女性にとってはうれしい理解者です。しかし、このテの男性も注意が必要です。最初だけの人も多いのです。付き合って最初のころは、仕事の相談にものってくれ、全力で応援してくれます。

しかし、女性が本気でレベルアップして成功しようとすると、豹変します。自分だけが取り残されてしまいそうな不安に駆られるからです。仕事で満たされないイライラを女性のせいにすり替えてぶつけてきます。

負けて悔しかったら女性以上に稼いで見返せばいいのに、それができない。女性の足を引っ張ることしかできない、どこまでも器の小さいオトコです。さっさと損切りして別の男性を探しましょう。

3. 王子系ナルシストタイプ

ゆとり教育の影響でしょうか、にわかに増殖中の人種です。このタイプの男性は見た目 もさわやかで、気配りもグッド。イケメン族も多いので、合コンに行けばモテるタイプ。しかも盛り上げ上手なので一緒にいて楽しい時間を約束してくれるでしょう。

ところがよくよく会話を聞いていると、主語がすべて「オレ、オレ」。こっちが話していても、じつはほとんど話を聞かず、「でね、俺はさぁ~」と秒速で話題ドロボーします。気配りができるのは、相手のためを思ってじゃなくて、そういうふうにしている俺って超カッコイイ、な自己愛が動機だったとやがて気づくことに。

サプライズ好きなのも、彼女のよろこぶ顔じゃなくて、そんな自分に酔ってるだけ。窓ガラスに映し出される自分の見え方には異常にこだわる、ナルシスト王子です。アクセサリーとして連れて歩くだけなら、それほど害はないでしょう。

結婚後の幸せは、男の選び方で決まります。今回紹介した3つのタイプの男だけは避けましょう! 今回の記事は、松尾知恵さんの本「最高の自分で最高の相手をつかまえる!」より紹介しています。最高の相手を見つける方法を知りたい人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

次の記事

「人から羨ましがられる恋人を探すのは遠回り? 運命の相手を探すヒント」

前の記事

「独身女性が高収入男性を求める理由」

参考本

「最高の自分で最高の相手をつかまえる!(松尾知枝)」

    
コメント