婚活詐欺にご用心!? 安全に恋を育む婚活パーティー5つのルール!

素敵なひとと出会いたい。
運命の男性と出会って結婚したい。

真剣にパートナーを探している婚活女性の気持ちを逆手に取って、あわよくばな女性を騙してしまう男性もいます。

合コンと違い不特定多数の男性が出入りする婚活パーティーではどんな男性が来ているのか分かりません。婚活中の女性は「攻め」ばかりに気を取られて「守り」のガードが弱くなりがちです。最低限5つのルールを気にすると安全です。


安全に恋を育む5つのルール

安全に恋を育む5つのルールがあります。

1. パーティー終了後出待ちしている男性と二人きりで食事には行かない

会ったばかりの男女二人で食事に行くとまかり間違って何をされるか分かりません。2:2など複数ならOKです。

2. 自分の個人情報を明かさないのに相手にばかり質問を浴びせてくる男性は信用しない

営業、勧誘目的の男性の可能性が高いです。

3. 自分の連絡先はむやみに書かない

主催者が提供するシステムでメールアドレスを知らせずにやりとりする方法も。教えたとしてもフリーアドレスに留めて。

4. 遊び人を見極める目を持つ

多くの男性が緊張して臨んでいる中、妙にパーティー慣れしている男性はサクラかH目的で女性を物色している可能性が高いので要注意。

5. 一回目のデートはランチか駅ビルレストラン

「女性が食事の誘いに応じてくれた=いつか夜の誘いに応じてくれる」

こんな風に男性は解釈します。最初のデートはなるべく安全な場所、時間をあなたの側から指定してあげて。それを拒否するような男性なら、最初からソレ目的で、やましい気持ちを抱えているのかも。全部が全部、疑ってかかっていてはせっかくの貴重な出会いの芽を摘んでしまうでしょう。

守りを固めたうえで、恋の素晴らしさを思う存分、味わってくださいね。

今回の記事は、合コン500回以上、3,000人以上の男女の恋愛研究を重ねた婚活・合コンアナリスト松尾知恵さんの恋愛テクニックを参考にしています。松尾さんの著書「最高の自分で最高の相手をつかまえる!」では、合コン500回繰り返し遠回りして気づいた「運命の人の見つけ方」がわかります。気になった人は、読んでみてくださいね。

前の記事

「婚活パーティーは記憶力が勝負!? 出会い力を高めるメモ力」

参考本

「最高の自分で最高の相手をつかまえる!(松尾知枝)」

    
コメント