女性必見!! 失敗しない男の選び方!!

「男性選びに失敗した…」「男運がない…」こんなことを思った経験はありませんか?  それはもしかしたら、あなた自身が「一流の男」の選び方を知らなかっただけなのかもしれません。


「一流の男」を選ぶ

「一流の男」とは、仕事ができる男、能力がある男性のことを指します。

最近、草食系男子や女子っぽい男性が増加傾向にあると言われていますが、そういった男性を選択してはいけません。ここでいう「一流の男」とは、野心であふれた上昇志向の強い男性なのです。

もしあなたが気になっている男性がいるならば、一言聞いて欲しい質問があります。それは、

「なぜ、今の仕事を選んだのですか?」

という質問です。もし、この質問に対して明確な返答が返って来なければ、その男性は二流以下ということになり、「この仕事でいいや」と惰性で働いている可能性が高くなります。自分は何が成し遂げたくて働いているのか。何ができるのか。どんな目標があって、そのためにどんな努力を常日頃からしているのか。それらを語れない男性は将来的に伸びていくことはありません。

「仕事ができる=お金がある」という風に捉えられがちですが、必ずしもそうではありません。唯一無二の仕事をしている人も「一流の男」に入ります。世界で唯一の何かの研究をしていたり、日本の伝統芸能を守っていく仕事をしていたりしている人がそれに当たります。

「二流以下の男」とは?

今は一流でなくとも、今後一流になる可能性がある男性はもちろんいます。その特徴としては、

  • 他人と違う話ができる。
  • 野心にあふれている。
  • 現実的な夢を語れる。
  • ムダな時間は過ごさないで勉強をしている。

といった具合です。それでは逆に、二流や三流の男性とはどのような人のことをいうのでしょうか。

まず二流の男ですが、二流の男とは、一流になりきれない男、または平凡な男のことを言います。道徳的で、無害。家庭をきちんと守っていて、近所付き合いもいい。そして仕事は無難にこなしている男性です。こう考えると、まぁ悪くないと感じますが、決定的に異なるのは野心です。二流の世界とは、「平凡に生きたい」ということを口にする男性が形成している世界を指します。

最後に三流の世界ですが、ここでは30歳にもなって年収300万円以下。にもかかわらず、「遊びたい」とばかり口にしている男性を指します。仕事はできず、努力もしない。何かあったらすぐに仕事を辞めてしまう人です。

「優しい男性がいい」「面白い人がいい」といった声をよく耳にします。しかし本当にそれでよいのか。長期的な視点で考えたとき、それが適切な解答なのか。一度考えてみるべきなのではないでしょうか。「一流の男」を見極める方法を、そんな時に活用してみてください。

「こんな男を選びなさい(里中李生)」の詳細を調べる

    
コメント