これは怖い?! 人の彼氏を奪う女性の悪女的恋愛テクニックとは

気になる相手にもう既にパートナーがいるとやはり遠慮してしまうという女性は多いと思います。けれども、好きになってしまった相手にパートナーがいたとしても、彼氏を奪う女性は少なからずいます。そういった「悪女」とも言われてしまうような女性は、略奪する場合にはどんな恋愛テクニックを使っているのでしょうか。


■「バカな女」を装う

多少バカな女性の方が可愛いと男性は感じています。そのため、あえてバカな女性を装うのが本当に賢い女性です。けれども、「バカな女」を装っていることが周囲にバレているようでは、計算高い女としてみなされてしまうので注意が必要です。

■本命の存在は知らなかったことにする

本命の存在を知っていたとしても、知らなかったことにして積極的にアプローチします。狙った男性の本命は古株にあたります。付き合いが長いと、慣れや飽きにつながる場合が存在するので付き合いの浅い女性のほうが有利となるので、古株の存在を着にせずアプローチするのです。

■究極の口説き文句「だって好きなんだもん」

「だって好きなんだもん」は、彼女がいる男性を口説くための最強の一言になります。何よりも「好き」という感情を伝えることができますが、あまり頻繁に使うと幼稚と思われてしまうので、ここ一番で使った方が効果的です。

■略奪して終わりでない恋

略奪して、パートナーにした男性を選んだということは、それだけ同様に他の女性に奪われる確率は高いです。フラフラと浮ついた気持ちを持った男性にしないように、上手に育てていくことが必要となります。そのため、略奪するのがゴールではなく、そこからがスタートとなるのです。

他人の彼氏を奪うということは、それだけで第三者の愛を失わせるということにつながります。もし気になる男性に彼女がいて略奪しようとするなら、責任を伴う行動だと理解しておきましょう。

「人のオトコを奪(と)る方法〜自己責任恋愛論〜(島田 佳奈)」の詳細を調べる

    
コメント