「みくだりはん」とはなにか?

芸能人などの離婚が報じられる時に「みくだりはんをつきつける」といった表現がなされます。これは漢字では「三行半」と書きます。これはいったいどういった意味があるのでしょうか。

江戸時代の慣習

三行半とは、江戸時代の庶民の間での離婚にまつわる慣習が由来とされています。庶民の間では、離縁をする場合に、紙に三行半の文章を書いていたことから、この名前となりました。現在ならば離婚届をつきつけるといったことになるのでしょうが、離婚届よりも三行半の方がニュアンスとしては強いもののようにも思えますね。やはり「あなたにはほとほと疲れ果てた。あきれ果てた」といった意味合いがあると言えるでしょう。

何ができた?

三行半は庶民の慣例とはいっても、実際においては現在の離婚届のように法的拘束力があるものでもあったと言えるでしょう。三行半をつきつけることによって、男女双方が再婚が可能になるとされていました。そのため、三行半というのは離婚ばかりではなく、再婚を許可するといった文言も記されていました。

夫から妻へ?

現在の三行半は、男女の間に関係なく送りつけられるものとされていますが、実際の三行半の意味においては江戸時代では、夫から妻へつきつける離縁状といった意味合いがありました。このあたりは時代の状況に応じて変化が生まれてきていると言えるでしょう。