カッコいいシャワー、ダサいシャワーの浴び方をキスマイに学べ!

よくアイドルのイメージビデオにあるカッコいいシャワーの浴び方がありますよね。どうやってシャワーを浴びればカッコよく浴びることができるでしょうか? カッコいいシャワー、ダサいシャワーの浴び方をキスマイBUSAIKU!?より紹介します。


カッコいいシャワーの浴び方

藤ヶ谷太輔さんが選んだのは、仕事後のシャワー。
首筋をながす
顔で浴びる
濡れた髪をかきあげる

千賀健永さんが選んだのは、彼女にふられたあとの悲しみをシャワーで流す。
髪をかきあげる
お風呂で泣くのが男らしい

玉森裕太さんが選んだのは、スポーツ後のシャワー。
ほどよいすね毛
肩甲骨がいい

共通するのは、髪をかきあげるのがかっこいいシャワーの鉄板です。また、かっこいいシャワーのシーン設定も大事でしょう。

ダサイシャワー

二階堂高嗣さんが選んだのは、肉体労働後のシャワー。
シャンプーは使わない(ワイルドさをアピールすると逆に不潔なイメージになる)
筋肉不足
顔から洗わないのはかっこわるい
フェイスマッサージイラナイ
うなじが女っぽいのはださい
日焼けが足りない

横尾渉さんが選んだのは、デート前遅刻しそうなバタバタ。
シャンプーの仕方がダサイ
シャワーと歯磨きを一緒は無理!
シャンプーの量多すぎ
髭剃りのリアルはNG
タオルのセンスが悪い

宮田俊哉さんが選んだのは、ジーパンのCM風ワイルド。
シャンプーの泡が汚い
シャワーを浴びるテーマ曲がなぜイマジン?
ジーパンは脱いでシャンプーをしよう
ベルトつけたままのシャンプーをやめよう
ワイルドの意味を履き違えているのはNG

北山宏光さんが選んだのが、さわやかな日曜日の朝。
血管をアピールしすぎはNG
シャワー中の口笛はNG
好き、chuとか曇ったガラスのところに指先で書くのはNG

ダサいシャワーの例はたくさんあります。アピールのしすぎ、シャワー中の歯ブラシ、女性っぽいフェイスマッサージなどはダサいと思われがちなので注意しましょう。

キスマイBUSAIKU!?はキスマイファンだけでなく、男性がどうやったらモテるかもわかる最強の番組です。さあ、あなたもかっこいいシャワー浴びちゃいましょう!

次の記事

「カラオケでのかっこいいキスの仕方をキスマイBUSAIKU!?に学べ!」

前の記事

「キスマイBUSAIKU!?が面白い4つの理由」

おすすめ記事

「キスマイBUSAIKU!?のおもしろ情報まとめ」

    
コメント