「俺たち意識」を作り上げてモテる方法

女の子と話すときの、モテるコツがあります。それは、「俺が」とか「ボクが」っていう主語をやめて、「俺たち」とう言葉を使うことです。「俺たち意識」を作り上げてモテる方法を紹介します。


■会話に「俺たち」を入れろ!

「俺たちってさ考え方すっごく似てるね」
「俺たちみたいなカップルは、珍しいと思わない?」
「俺たちって、付き合ってから、半年経つよね」
「俺たちって、しょっちゅうケンカしてるけど、仲がいいよね」

このように会話に「俺たち」という主語を入れましょう。なぜなら、「俺たち、俺たち」って言葉を聞かされる女の子は、「二人はいつでも一緒」という、運命を感じる暗示にかかっていきます。

■心理学の裏付け

アメリカのパーデュ大学のクリストファー・アグニューっていう心理学者が、恋人のいる200人の男女に、「あなたたちの関係について、頭に浮かんだことを何でも書き出してくれ」とう調査をしたことがあります。すると、恋人と仲がよく、うまくいっているカップルは、

「私たちは、しょっちゅうデートする」
「私たちは、どちらも子どもっぽい」

というように、「私たち」という主語をたくさん使って文章を作ることがわかりました。逆に、うまくいってないカップルは、

「ボクは、時折、一人になりたいことがある」
というような文章を作っていました。つまり、一人称単数を使っているのです。アグニュー博士たちによると、お互いがお互いを必要とする「相互依存関係」を作りだすのに、「俺たち意識」が大切になります。「俺たち意識」があると、愛情が57%も高まるのです。だまされたと思って、「俺たち」って言葉を頻繁に使ってみましょう。きっと彼女も、強い執着を感じてくれるようになります。

■狙っている女の子にも利用可能!

狙った女の子には、このテクニックで話しかけましょう。

「俺たちって、何でもオープンに話ができるよね」
「俺たちって、趣味が合うよね」

とう感じで花井していると、そのうちに彼女のほうから告白してくるかもしれません。あなたと彼女は「2人でひとつ」の関係になっていくという暗示にかかっていくからです。

いかがでしたか? 「俺たち」という言葉を多用して、モテモテになりましょう。

次の記事

「モテる男は会話が違う! 女性から好かれる男性になるための会話方法」

前の記事

「女性との会話で困ったときの対処法」

参考本

「ワルの恋愛術(内藤誼人)」

    
コメント