モテる男は仕事ができる

若い頃にモテなかった人に朗報です! モテるためには仕事が出来るようになればいいのです! 30歳を過ぎてモテるには、仕事ができる人間であることが大切なんです。


若いときはルックスでモテるだけ

10代、20代のときは、仕事ができようができまいが、モテる人間というのは共通のタイプがあります。ちょっとルックスがいいとか、楽器が弾けて歌が歌えるとか、人の気をそらさずに話をするのがうまいとか、そんな人間が例外なくモテるのです。それは、ある意味では若さの特権がモノをいう、「青春の季節」だからこそと言えるでしょう。

30歳を過ぎると仕事が出来るとモテる!

ところが、30を過ぎる頃ともなると、モテる人間は確実に仕事ができるし、仕事ができる人間がモテるようになるのである。その理由のひとつとして、先天的にモテる要素、「カッコいい」とか「話がうまい」といったものにプラスされて、後天的なものが30歳を過ぎると増えてくるからです。後天的なものとは、たとえば、仕事に対する姿勢だったり、能力だったり、ゆとりであったりする。そうしたものが加味され、仕事ができる男は、みんなモテる男になるのです。

仕事ができないとモテない

逆に言えば、モテない男というのは、人間的な魅力が少ない男と言えるのではないでしょうか。若い頃に、多少ルックスがいいとか、スタイルがいいという理由でモテた経験のある人間は、その「遺産」に頼りすぎてしまいます。そうした先天的要素に寄りかかりすぎていると、30歳を超えてからしっぺ返しをくうことになるのです。

恋愛も仕事も、要は「センス」

心理作戦というようなものではなく、女性の気持ちがわかる人とか、仕事面でも誰が何を求めているのかを思いやり、適切な処理ができる人です。相手がどんなことを考え、どんなことを求め、どんなことを嫌っているのか、そうした人情の機微を読みとることができる人です。そんな「センス」や「デリカシー」を持った人間が、本当に仕事ができる人だし、女性にモテる男なのです。

30歳を過ぎていい恋愛をしているかどうかは、それだけ仕事ができる人間かどうかのバロメーターにもなります。外見的にもぜんぜんカッコよくなく、先天的にモテる要素をほとんど持っていないような男が、すごくモテるという噂を聞いたりすると、「あの男は、相当仕事ができるんだろうな」と思わざるを得ませんよね。仕事ができる男になってモテる男になりましょう!

次の記事

「モテる男性は知っている!? モテるギャップ、モテないギャップ」

参考本

「企画脳(秋元康)」

    
コメント