【バレンタイン直前特集】こんな僕でも彼女ができてしまう4つの秘訣

どうすれば彼女ができるのかと悩んでしまうのは、男性諸君にとっての永遠のテーマですよね。それに今や世間はバレンタイン直前。彼女のいない「非リア充」の方は「彼女がいたらなあ」なんて思うはずです。そこで今回はモテない系男子にぜひ実践して欲しい、彼女が出来てしまう4つの秘訣をご紹介します。


1. 父親目線になってみる

「いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか(大屋 洋子)」の詳細を調べる

世の女性は、親子関係も友達のような関係である友達親子現象を経験してきて、叱られることもなかったため、パートナーに父親のような威厳のある人を求めています。そのため、顔が良い異性よりも、人生経験豊富な異性に魅力を感じます。男性は父親になった目線で気になる女性と一緒にいるようにしましょう。そうすれば、この人は父のように頼りになる人だなと関係も進展します。

2. ギャップ(意外性)を使う

「イケメン≠モテメンの新常識(斉田 直世)」の詳細を調べる

女性は男性の意外な一面、すなわちギャップを見たときに惚れてしまいます。例えば、思っていたより手がきれいなパターンの『パーツギャップ』、普段はぼーっとしているのにスポーツではマジメなパターン『草食系ギャップ』、細いのに意外と体力がある『細身ギャップ』、プライド高そうなのに、実は3枚目キャラタイプ『バカギャップ』などいくらでもギャップは探せばあります。ぜひ自身のギャップを見つけて、ギャップキャラで攻めてみてください。ただし、してはいけないマイナスのギャップもあります。例えば、頭よさそうなのに実はバカ、デブなのに食が細いなど、使うときにはプラスに働くギャップを使うようには注意しましょう。

3. エッチな話をする

「異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック(和中 敏郎)」の詳細を調べる

女性に好きになってもらう方法は「エッチな話をする」ことです。女性が恋心を抱く対象は「恋愛をしているときのドキドキした生理状態になってしまう刺激を与えてくれる人」です。つまり親切でいい人であるうちは、単なる友人どまりで絶対に恋人にはなれないのです。「エッチな話をする」ことで、恋愛独特の生理状態すなわち性的な興奮状態にしてあげると、「この人にドキドキしてしまう」という恋心を抱かせることができます。女性と二人でいるときは、明るく楽しく、そして知的で情熱的にエッチな話をしてみましょう。

4. 何かあったら「わかるよ」と理解してあげる

「「美女と野獣」の野獣になる方法(水野 敬也)」の詳細を調べる

もしも女性が悩んでいるときに使うと有効なフレーズがあります。それは「わかるよ」のひと言です。悩み事の解決策を振り絞って考えるよりも、「わかるよ。君の悩み」というように、相手の気持ちを受け止めることを優先しましょう。この人は私のことを全部理解してくれている人だなと思ってもらえます。これは「ちょっとウチに来なよ」「でも明日早いから」「わかるよ」など様々な場面で半永久的に使える必殺フレーズです。ぜひ活用していきましょう。

この4つの秘訣を使って、ぜひ彼女をゲットしてみてくださいね。

次の記事

「女性との会話で困ったときの対処法」

前の記事

「男性からナンパされたい? ナンパされる女性の特徴」

    
コメント