過去の男性のことは言ってはいけない! 嘘をつくの草食男子時代の優しさです。

「海外旅行が好きなんだね。どこが一番よかった?」
「ハワイかな。海が透きとおっててきれいだった」
「そっか…僕は、新婚旅行に行くならハワイがよかったんだけど残念…」
(あちゃ~。正直に言わなきゃよかった)

こんなケースありませんか? 知らないうちに過去の男性を連想させてしまうこと。男は、小さな生き物です。女性の過去にこだわります。ときには、嘘をつくことも優しさです。特に、過去の男性については本当のことを言うのはやめましょう。


旅行ネタは避けよう

彼氏との会話で、旅行の話になることはよくあります。でも、ここで注意点! 沖縄ならまだしも、海外リゾート地などに女同士では行かないです。ハワイよかったんだよねーなどと言うと、昔の彼氏と行ったことはバレバレです。過去の男の気配を生々しく感じ、男性は傷ついてしまいます。

過去にどんな男性と付き合ったの?

この質問には、マジメに答える必要はありません。

「あなたほどステキな人じゃなかったわよ」

などと言って曖昧にはぐらかしておきましょう。男性に関して、こんな名言があります。

「男の前で、過去に付き合った彼の年収や地位をしゃべったらダメ。過去の男のほうが年収が高かったら、男はすごいショックを受ける。再起不能になります」

前の男と自分、どっちがオスとして優れているか、比べたくて仕方がないけど、怖いから真実は知らないままのほうがいい。俺をヒーローでいさせてほしい。男性は想像以上にナイーブです。

デートのお店は女性が選んではいけない

過去に行ったことのあるレストランの話題も油断できません。イマドキの女性は年上の男性に一流のお店に連れていってもらっていて、同年代の男性よりよっぽど詳しかったりします。

合コンやデートで、どんなところに行きたいと聞かれても、知り合って間もないうちは彼におまかせしましょう。こちらが指定したお店が彼にとって高すぎるお店だった場合、恥をかかせてしまうからです。

最初のデート3回で彼がどんなレベルの店に行くのかわかるまでは、イニシアチブは彼に握らせてあげましょう。興味ない男性から食事に誘われて乗り気しないときは、わざと高いお店を指定して、嫌味な女のフリをしてみるのもアリです。

Facebookの写真にご注意を!

男性は案外気になる女性のSNSやブログを全部読んだりするものです。特に、Facebookを見ると、明らかに男性にご馳走してもらった感がバレバレな写真を投稿している女性がいます。過去の男性の匂いがするだけでなく、「高いお店=金のかかる女」のレッテルを貼られます。

嫌味にならない程度のご飯ネタに留めておきましょう。実際、吉野屋などの牛丼写真を投稿すると、予想に反して男性からの反応がすごくよかったりします。庶民的な投稿をして親しみやすさをブランディングするのもいいでしょう。

年齢の嘘はNG

年齢や経歴のウソをつくのはいけませんが、過去に付き合った男性の人数や失敗した恋の経験など、あえて言わないほうがいいこともあります。この理由から、過去の恋愛などの自虐ネタで笑いをとる女性はモテないのです。

すべては男性のプライドを立ててあげるため! すでに知っていたとしても、さも初めて聞いたかのように振る舞うのも優しさです。自分の経験や正しさを誇示してスッキリするよりも、彼はどんなふうにしたらよろこぶかな、と想像しながら話す話さないの判断をするのが、本当の賢さではないでしょうか。

過去をぺらぺらしゃべる女性は品がありません。過去の恋愛についてはスマートにごまかしましょう!

次の記事

「「女子アナ」が最強のワケ。恋とキャリア両方を手に入れる方法」

前の記事

「モテる女性のメールは距離感が近い? 「もしかして俺に気がある?」ドキッとさせるメール術」

参考本

「最高の自分で最高の相手をつかまえる!(松尾知枝)」

    
コメント