恋愛上手になりたかったら女だって場数を踏もう! 男のいる場所に出かけよう!

「今度、合コンあるけど行く?」
「どこの会社とですか?」
「B会社だよ」
「あの子会社ですかぁ…やっぱりその日仕事長引きそうなので遠慮しときます」

自分にとって確実にメリットがないと合コンの出席を渋る女性がいます。絶対に損をしたくない! という女性にありがちな傾向です。恋は出会ってからでないと何も始まりません。恋愛上手になりたかったら女だって場数を踏むことが大切なんです。その理由を、合コンアナリスト松尾知恵先生の本「最高の自分で最高の相手をつかまえる!」より紹介します。


出会いは「質」より「量」

医師限定お見合いパーティ
商社マン合コン
高級レジデンスパーティ

どうせ行くならハズしたくない。そう思うと少しでも高確率なパーティや合コンに行きたくなります。しかし、先ほどの女性のように、出会いがないと文句を言っているわりに、より好みしていて、出会いのための時間を作らない女性が多いです。1回で運命の相手を見つけようなんて、無茶な話です。圧倒的に出会いの「数」が足りません。

男がいる場所に行こう!

ふさわしい男性はこういう条件と決めてかかって、せっかくの出会いの幅や可能性を狭く限定するのは、すごくもったいないです。まずは、男女の集まる場所には、気乗りしなくても行ってみることです。男のいる場所にとにかく出かけましょう。

男とたくさん会うべき理由

いろいろな場所に顔を出せば出すほど、自分がこういうタイプの男性には受けがよくて、こういう男性には合わないと、恋愛モテ傾向がわかるようになります。恋に近道はありません。地道にたくさんの男と出会いの練習を重ねていきましょう。

みんな失敗を乗り越えてきた

恋の悩みなど一見無縁に見えるしたたかな女性でも、じつは結構な数の失敗を重ねてきているます。ただ、失敗を言わないだけです。

一夜の恋
不倫
二股
友だちの彼と●●

と、何の努力もしなくてもモテているように見えて、じつはいろいろなドロドロ恋愛を乗り越えたからこそ、恋を楽しめるようになっています。

とにかく行動!

頭のいい女性ほど、情報を集めて分析して、それから行動しようとしがちです。しかし、恋に関しては頭のよさが出会いを遠ざけます。あのイチロー選手でさえ、4000本のヒットのために8000本悔しい思いをしたといいます。そうと分かれば、とにかく男との出会いを求めて行動しましょう!

一人反省会をしよう!

合コンやデートのあとは、帰りの電車で一人反省会をします。よかった部分、もっと改善できる部分を自己採点して恋のヒット率を上げていきます。

恋は、あなたの経験が財産です! 女性だって場数を踏んで運命の相手をゲットしましょう!

次の記事

「あなたは佐々木希? それとも松下奈緒? 出会いの第一印象で目立つ4つのキャラ」

前の記事

「あなたに興味ないです 男をイラっとさせてしまう女の会話特集【5/5】」

参考本

「最高の自分で最高の相手をつかまえる!(松尾知枝)」

    
コメント