美人を落とす簡単テクニック!

男性は美人が大好きです。でも美人を落とすのはなかなか難しいですよね。それは、モテる人の心理を知らないからです。美人はほめられ慣れています。そこを逆手に取るとどうなるでしょうか?今回は、美人を簡単に落とす心理テクニックを紹介します。


■なぜ美人を落とせないのか?

男性は、美人を前にするとドキドキしてしまいます。官能が刺激されて、セックスを意識するからです。「ハロー効果」に幻惑されて、エッチしたい願望が無意識(本能)に宿ります。そして、緊張のあまり

  • 「おきれいですね」
  • 「可愛いですね」

などとベタなセリフにつながりかねないのです。これでは美人は落とせません。

■美人はほめられ慣れている

いつも、キレイとほめられ慣れている美人は、

「美人ですね」

とほめられて、嬉しくないわけではありませんが、当然とも思っているので、

「またそのセリフか、いいかげん聞き飽きたなー」

と傲慢な心理にも傾きがちなんです。美人と言われても単なる「自己確認」にすぎないからです。そんなありふれたセリフで口説こうと思っても、その他大勢の人たちと同じになってしまいますから、心動かされることはあまりないのです。

■美人を落とす心理テクニック

それでは、美人を落とすにはどうすればよいのでしょうか?実は、ほめられ慣れている人をほめる時には、ベタなセリフを使わないことが大切です。美人やイケメンなど、外見をほめられ慣れている人には内面をほめてあげるべきです。

  • 「センスがいいね」
  • 「感覚がシャープですね」
  • 「気遣いが素晴らしい」
  • 「メンタル面が安定していますね」
  • 「話し方に説得力がありますね」

などです。これらのセリフは、「自己拡大」が図れるセリフなのです。

  • 「そのセンスを生かせばスゴイことができそう」
  • 「その考え方なら成功しそう」

など、未来に向かって自己の可能性が開かれる要素が感じられる言葉に嬉しくなるのです。この人は、私の可能性を見出してくれる人となれば、その他大勢から抜け出せます。

■お偉いさんにも利用可能!

美人を落とす心理テクニックは、肩書などが立派な人たちにも利用可能です。対象となるのは、すでに自分に一定の「権威」が備わっていることを十分認識している人たちです。

  • 「上場企業の部長さんでスゴイ」
  • 「大学教授とはサスガ」
  • 「お医者さんてステキ」

こんなセリフは、聞き飽きているのです。こういう人たちには、「自己拡大」を図れるセリフも悪くはありませんが、むしろ、今の立場や権威をもつに至った「プロセス」での苦労を讃えてあげたほうが喜ばれます。

  • 「組織をまとめていかれるのは大変でしょうね?」
  • 「難しい学問を志されたキッカケは何だったんですか?」

などです。上手に転がしてあげると、一目も二目も置かれ、ビジネスの成功につながります。

今回の心理テクニックは、承認欲求の充足「自己拡大とプロセス重視効果」を用いています。これであなたも美人を落としてみてはいかがでしょうか?

「思い通りに人をあやつる101の心理テクニック(神岡真司)」の詳細を調べる

    
コメント