恋愛に理論はつきもの? 独自の恋愛理論を構築した「LOVE理論」がスゴイ!

昔から恋愛に謎の理論を持ちだしてきて論じるファッション誌などが見られましたが、実際に恋愛に理論はあるのでしょうか。そこで、今回は独自の恋愛理論を数々を紹介している「LOVE理論」を紹介します。この理論が果たして正しいかどうかはさておき、興味深い恋愛理論が多く紹介されているので、一部をご紹介します。


■ホーム理論

最初のデートは、自分が日ごろからよく知っていて輝ける場所を選びなさいというのが、この「ホーム理論」です。

確かに、行き慣れたお店などの方が心の余裕もありますし、不慣れな場所で失態を起こすなんてこともないでしょう。ビジネスの場でも応用できそうな理論ですね。

■大変じゃない? 理論

女性にお酒を進ませるために大事なのは、愚痴を引き出すこと。そのため、女性に愚痴を言わせる時に最高の決め台詞は「大変じゃない?」、愚痴に対しては、「頑張ってるね」で対応すると良いというのが、この「大変じゃない? 理論」です。

確かに男女関わらず、お酒の席で愚痴を聞いてもらうことは嬉しいことですが、目的がお酒を進ませるためとは、なかなか狡猾です。

■執着の分散理論

大多数の男がフラれてしまう理由が、「余裕のなさからの気持ち悪さ」であるため、同時に複数の女性に狙いを定めることで「別にフラれてもいいや」と言う保険をかけておいて、常に余裕を保って女性と接することができるというのが、この「執着の分散理論」です。

まるで投資の「ポートフォーリオ理論」のようです。確かに「フラれたらどうしよう」……という不安感からか焦ってしまう場合には、この理論は当てはまるかもしれません。けれども、同時に複数の女性を狙うということはそれだけ体力のかかるものでしょう。

この他にも、

『LOVE理論』

には、意中の女性を射止めるための恋愛理論が多数紹介されています。クリスマス前に勝負をかけたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

『LOVE理論(水野 愛也)』の詳細を調べる

    
コメント