不動産

  • ()
  • ()
  • ()
  • 海外の公共図書館も便利?

    海外旅行に行くにあたって、どういった場所を訪れるでしょうか。やはり観光ガイドブックに載っているような定番スポットや、有名なレストランは訪れたいところですね。

  • 認知症でも安心の相続対策

    親の死後に子供たちがもめないためにも、遺言書を書いておいたほうがいいのは言うまでもないこと。ただし、遺言書が効力を持つのはあくまで親が亡くなってからです。親が認知症になってしまった状態では発効しません。そんな事になっても困らないよう、親が誰かに自分の財産の管理を委託し、子供のために使ってくれるようにしておくのが「民事信託」という制度です。

  • 知らねば損する相続税対策

    不動産を相続すると、固定資産税と並んで重くのしかかってくるのが相続税の問題です。いざというときに備えて、親が所有している物件の状況を事前に把握しておきたいものです。場合によっては、大幅に負担が軽くなることもあるのです。その方策を紹介します。

  • 日本一人口の少ない村は?

    最近は平成の大合併なども相まって人口の少ない村というのは少なくなっています。しかし、合併をしない自治体もあり、そこには人口の少ない村があります。さらに驚くべきことに日本一人口が少ない村は東京都にあります。

  • 固定資産税、疑問なら即確認

    不動産を相続する時、悩ましいのが固定資産税の存在です。実は、固定資産税ほど徴収ミスが多い税金はありません。実際、総務省の調査によると、2009年から2011年までの間に固定資産税額の修正が1件でもあった自治体(岩手、宮城、福島の3県を除く)は97%にも及んだといいます。その多くは単純な記載ミスと見られており、手元に送られてきた書類に「おかしい」と感じる点があったら、一度問い合わせて確認するべきです。

  • 空き家を賃貸住宅で活かす

    誰も住んでいない家を相続することになった場合、そのまま放置しているだけでは固定資産だけをただ払い続けることになってしまいます。自分で住む予定がない以上、何かのかたちで活用するしかありません。まず思いつくのが、賃貸住宅として貸し出す方法です。

  • ネットで不動産を売る裏ワザ

    不動産選びも今や、インターネットを使うのが主流の時代です。不動産専用の検索サイトも数十に上り、まずはネット検索で希望の条件を当てはめて候補となる物件の情報を集めていくというのが基本的な方法となっています。一方、ネットを介して不動産を売りたい場合はどうすればいいか。ただ情報をアップするだけでは、買い手が向こうからやってくることはないのです。

  • 再建築不可を可能にするワザ

    親の代より以前から住み続けてきたような古い家を相続してみたら、権利関係がかなり複雑だったり、あとになって施行された法律がネックになって簡単に手放せないことがわかったというケースは結構あるようです。それでも、やり方次第で売れる物件に変えることは決して不可能ではありません。

  • 兄弟不仲が招く相続問題

    親から不動産を相続し、複数の兄弟の共有にした家を売却しようとしたら、変に話がもつれてしまった、というケースは結構耳にします。日頃から兄弟仲が良好なら大きな問題にはならないはずですが、ちょっとした行き違いがもとで、簡単に売れない“困った不動産”に変貌してしまうことがあります。何故そんな事になってしまうのでしょうか。

  • 特殊な立地でも売れるワザ

    不動産の価値は「狭い=安い」とは一概に言えません。ビルとビルの谷間にたたずむ、いわゆる“うなぎの寝床”を絵に描いたような空間に、人気の店が入っているということはよくあります。一見売りにくそうな土地にも、その場所ならではの価値が隠れているのです。

  • ローン未完済の家を売る方法

    元号が令和に変わり、バブルは遠くなりにけりな昨今。でも、その当時に高額マンションを購入し、長期ローンを組んでしまった人にとっては決して昔話ではないでしょう。入居してから早数十年、家族構成の変化や仕事の都合などにより、やむなく住み慣れた家を手放さなければならないという方も少なくないはず。とはいえ、まだローンの支払が残っているし…。さて、どうすればいいのでしょうか。

  • 売ろうに売れない不動産とは

    長年住み慣れた自宅の土地を、何かの事情で手放さなければならなくなった。そんな経験は人生に1度は来るものではないでしょうか。でも、どんな土地でも「はいわかりました。売りましょう」と車を下取りに出すようにいつでも当たり前のように売買できるとは限らないのが不動産の世界です。売りにくい、買われにくい不動産とはどういうケースでしょうか。

  • 高層マンションに蚊はいない?

    よく言われるものとして、高層マンションに蚊はいないというものがあります。これは果たして本当なのでしょうか。

  • セカ就という選択肢

    最近、セカ就という言葉がよく聞かれます。これは日本を飛び出して世界で就職する行為をさします。この就職をする先は、現地の企業ばかりではなく、日系企業などもあります。場合によっては英語などの外国語ができなくとも、日本語だけで働ける環境もあるようです。さらには現地で語学学校に通い、勉強を続けながら仕事をするという選択肢もあります。

  • 風呂なし物件はお得?

    ひとり暮らしを始めるにあたって物件探しにはさまざまな条件が課せられます。そこでひとつの選択肢となるのが風呂の有無でしょう。ほとんどの人が風呂あり、もしくはシャワーありの物件を選ぶと思いますが、風呂なし物件には案外お得な要素があります。

  • 家賃は収入の3分の1は妥当?

    昔からの謂れとして、家賃は収入の3分の1というものがあります。収入が15万円ならば、5万円です。しかしながら都市部の家賃は高騰していますから家賃5万円台の物件はなかなかないでしょう。6万円や7万円、場合によっては10万円近いところもあるでしょう。家賃10万円ならば、収入は30万円となりますが、いまどきそれだけ稼いでいる人は少ないのではないでしょうか。

  • 海外で働く理想と現実

    日本を飛び出して海外で働いてみたい、そんな思いを持つ人がいます。その理由は何でしょうか。日本は息苦しい、日本はこれ以上の経済成長が望めない、自分を高めてみたいなど、さまざまでしょう。もちろん、ポジティブな理由であれば良いのですが、それが単なる逃避である場合も少なくありません。

  • 学区の重要さ

    マンション選びは、そこで長期間暮らしていくことになるため、非常に重要な要素です。人生で一世一代の買い物であるともいえるかもしれません。皆さんがマンションを選ぶ基準はなんでしょうか。駅に近いこと、通勤に便利なこと、あるいは日当たりがよいこと、値段との相談も重要でしょう。しかし、もうひとつ大切な要素として学区があります。

  • 香港の屋上生活は快適?

    香港といえば、世界でもっとも人口密度が高い場所のひとつです。香港は、高度に都市化がなされており、いわゆるスラムと呼ばれるような場所が存在しないように見えます。香港のスラムといえば、九龍城がよく知られていますが、すでにこの場所は解体されています。

  • 10年後、20年後の将来設計を考えよう

    今を懸命に生きることも大切。でも、未来は確実にやってきます。たとえ何歳になっても必要なのは、未来の自分を想像する力です。賢い将来設計は決して損にはなりません、老後はまだ先だと思っている人も、早く始めるほどおトクです。

1 / 12 1 2 3 4 5 最後 »