不動産

賃貸物件を探すコツ、戸建て・マンションなど住まいを買うコツ、住宅ローンの選び方、引越しのコツなど不動産に関する情報を紹介します。

  • オーナーと住む人の夢を叶える戸建て賃貸

    アパートやマンションより、小さくても庭のついた一軒家に住みたい人は多いのではないでしょうか。でも、賃貸物件としてはまだまだ少ない状況です。戸建て賃貸投資は、あなたの安心とだれかの夢を結ぶ笑顔の投資法です。

  • 戸建てがアパマンに勝つ理由とは?

    アパマン建設会社のサービスは、一見とても便利で手堅い投資に思えます。けれども、現実に入居の需要がなければ絵に描いた餅になり、建築会社が倒産するリスクもゼロではありません。戸建て賃貸オーナーになるべき理由をピックアップしてお届けします。

  • 土地、お金、知識なしでも始められる戸建て投資

    これから10年20年と安定した需要が見込める戸建て賃貸投資。それにしても、「自分には縁がない…」と感じていませんか?土地や自己資金がないサラリーマンでも可能だというその理由に迫ります。

  • 「アパマン経営しませんか?」にだまされるな!

    少子化やマイナス金利で、アパートマンション経営に影がしのびよってきていることをご存知ですか?けれど、一軒家に住みたがる人たちは増え、建築費も大幅にダウンしているのです。賢い選択をするためのプロの知恵をお伝えします。

  • なぜ、今、戸建て賃貸投資なのか?

    老後も安定した不労所得を得られて、依然として人気の高い不動産投資。現在はアパマン投資が盛んにPRされていますが、アパマン経営で本当に大丈夫なのでしょうか。サラリーマンでもOLでも高齢者でも、誰でも戸建て賃貸投資ができるノウハウを数回に分けて公開します。

  • 実際に住んでみてわかること

    家は住んでみてはじめてわかることがあります。  実際に建てた家を訪問見学させてもらうことが、良い施工業者選びのコツです。  最後に、冒頭から一貫して述べていることですが、あなた自身が、家づくりの期間中はとことん楽しんで一緒に考え、設計士に相談し、参加すること、が大切なのです。

  • 住まいと人生格差

    東京は住む場所によって、イメージが固定化されています。中央線沿線はサブカルチャー好きな若者、東急線沿線はハイクラスな街といったものです。ですが、近年ではそうしたイメージに変化が訪れています。速水健朗による『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』(朝日新書)には、変わりつつある東京の現在形が描かれています。

  • 木造建築のおしゃれな設計デザイン〈室内〉

    前回は、モデルハウスの立地条件、外観から玄関までの美しいアプローチをご紹介しました。  今回は、収納の工夫によって作られる美しい空間や、窓から見える景色まで考慮されたこだわり窓など室内をご紹介いたします。

  • 木造建築のおしゃれな設計デザイン〈外観〉

    具体的に家づくりのイメージの参考にしていただけるように、木造建築における丈夫かつおしゃれなデザインについて、モデルハウスをもとに具体的に提案します。  今回は、モデルハウスの立地条件、外観から玄関までのアプローチを中心にご紹介します。

  • 建築で失敗しないためのシステムとは?

    マンション、ビル、工場、病院、学校、社屋など、 あらゆる建築には、多額な資金が必要です。 知り合いだからなどという安易な理由で 建設会社や設計事務所を選ぶと、 大変なことになる場合も多いのです。 では、建築で失敗しないためには どうすればいいのでしょうか?

  • 【施工例2】地震に強い家にしたい

    ここでは実際に建てられた施工例をご紹介します。  今回の施主は、65歳男性で家族4人暮らし、地震に強い家にしたいという要望で建て替えされた家です。

  • 国産の木を使い、日本の豊かな森を子々孫々に受け継ぐ

    木材という素材はとても素晴らしいことがわかりました。  今回はさらに、使用する木は国産のものを使いたいというお話です。森林国の日本人ならでは、そして未来に受け継がせたい森に思いを馳せた深い理由をご紹介します。

  • 人と環境に優しい、木という自然素材の良さを再認識

    今回はあらゆる角度から木のココがスゴい! を改めて多くの人にお伝えします。  ●感触が優しい  ●軽くても強い  ●疲労感や精神的不安感を軽減  ●香りが心を癒す  ●目に優しい  ●製造や加工に必要なエネルギーが少ない  ●環境にも優しい

  • 【施工例1】ガレージをつぶして建てた家

    ここでは実際に建てられた施工例をご紹介します。  今回の施主は20台後半のカップルで、ガレージをつぶして建てた家です。

  • 「夏は涼しく冬は暖かい、快適に過ごせる家」の条件は?

    「夏は涼しく冬は暖かい家」の望みを叶える基礎となるのが、高断熱・高気密の工法です。  今回は、高断熱や高気密について考えていきます。  良い断熱材選びはコストより性能や耐久性で選びましょう。

  • 後悔しらずの「家づくりノート」を作りましょう

    家を建てた方の8〜9割が「満足していない」という調査結果。住んではじめてわかるものから、家族の成長や変化と理由はさまざま。  今回はよくある不満の中身と、リフォームや失敗しない建て替えのコツをご紹介します。

  • 「早い・安い」だけを求めていては、満足のいく家づくりはできない

    設計プランが固まると工事を進めていきます。 注文住宅とハウスメーカーのつくる家づくりの工法の違いをご紹介します。 今回は、成功する家づくりの流れに沿った完成までのプロセスをご紹介します。

  • 職人気質の大工が建てる家と大手ハウスメーカーの家

    職人気質の父の背中を通して良い家づくりをする大工仕事を身近に感じ育ち、就職先の大手ハウスメーカーの建てる家に違和感を感じる若き棟梁の話です。今回は、職人の家づくりと大手ハウスメーカーの家づくりの違いをご紹介します。

  • 設計士と対話することで顧客一人ひとりの思いを取り込み最適なプラン

    注文住宅では、とくに設計者と対話することが重要です。  今回は、土地探しのお手伝いから、わからないことや不安な点の相談にものってくれる設計者の仕事ぶりをご紹介します。 お客様ご自身が求める「どんな暮らしをしたいのか」に気づかせてもらえるチャンスです。

  • 「家づくりの第1歩」=「展示会場」の落とし穴

1 / 11 1 2 3 4 5 最後 »