「夏は涼しく冬は暖かい、快適に過ごせる家」の条件は?

「夏は涼しく冬は暖かい家」の望みを叶える基礎となるのが、高断熱・高気密の工法です。
 今回は、高断熱や高気密について考えていきます。
 良い断熱材選びはコストより性能や耐久性で選びましょう。


断熱材を選ぶ際には、コストよりも耐久性を重視する

 断熱材を用いる目的は、夏は涼しく冬は暖かい家にすることです。
●快適な室内環境の実現
●壁や天井、床の温度を一定に保つ
●部屋ごとの温度差をなくし、健康維持をはかる
●結露防止
●光熱費節約とCO2削減
これらの目的を十分に果たす、性能の高い断熱材を選んでください。

機密性を高めると防音にもなる!

北海道などの極寒地で実績を挙げた「FP工法」で、徹底して気密性を高める施工を行っています。
●柱や壁の木材が縮まないようによく乾燥したもののみを使う。
●木材が縮んだ場合も隙間があかないように、クッション性のある素材を補う。
●隙間が生じることが予想されるあらゆる箇所に、気密テープを貼ってふさぐ。
●開口部である窓に用いるサッシに、断熱性と気密性の高いものを使う。
というわけで樹脂複合サッシをおすすめします。

「木造=寒い」とは限らない

 マンションは気密性が高いので温かい、木造住宅は寒いという印象を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。
 たしかにマンションはその構造からいって気密性が高いですが、床暖房を切ると、すぐにまた寒くなってしまいます。
 木造であっても、高断熱・高気密の造りならば、家の中は冬でもじんわりと温かさを感じられます。夏の暑い日には、外気の影響を受けることなく、涼しく過ごすことができます。

軒先の庇を長くすると夏は涼しく冬は暖かく快適になる

 夏は涼しく冬は暖かく過ごせる家にする方法の一つとして、庇を長くすることをおすすめします。
 外壁が劣化する原因は直射日光と雨ですから、昔から、軒先の庇は長くした方が良いとされてきました。
 夏は太陽が空高く昇るため、窓から室内に射し込む光の量は減りますが、庇のあるおかげで、夏の直射日光を室内に入れずに済みます。
 冬はその逆で、太陽の位置が低いため、陽射しは長く伸びて室内にたっぷりと入ってきます。

「OMソーラー」という強い味方

 高断熱・高気密の施工、また庇の効果により、室温を快適に保つことができます。
 OMソーラーは、太陽エネルギーを活かす仕組みになっており、その本体を屋根に取り付けます。太陽光の熱を利用して暖房をしたり、温水をつくったりするわけです。
 太陽さえ出ていれば、たとえ停電になったとしても稼働が続行するので、実に頼りになります。住む人と環境に優しいシステムです。

まるで魔法瓶の中にくらしているようなもの

 屋根に太陽光パネルを取り付け、そこに太陽熱を蓄電すると共に、熱で温まった空気を室内に取り込みます。
 ダクトを通して、床下にある基礎コンクリートに囲われた空洞部分に流し込むわけです。空気を送り込む動力は電気ですが、この電気も太陽熱発電によるものです。温かい空気は家の中で循環していきます。
 硬質ウレタン系の高性能断熱材を使っていれば、魔法瓶の中にくらしているのと同じようなものです。

夏は涼しく冬は暖かい、快適に過ごせる家

 OMソーラーを搭載した家に住む方々の生の声を聞いてみましょう。家づくりプランに役立ちます。
「以前は木造2階建てのテラスハウス賃貸物件に住んでいて、リビングに大型エアコンを設置していました。
 夏は一日中冷房をつけていても、トイレなんかサウナのように暑く、2階も暑い。
 それが今では。各フロア1台ずつエアコンがあるだけで、家中どこも暖かく、夏は涼しいので助かっています。
 トイレまで快適温度なんですよ」

まとめ

 太陽光パネルやOMソーラーなどを設置すれば、夏は涼しく冬は暖かい快適に過ごせる家になります。目先のコストダウンではなく、長い目で見て、高断熱・高気密の工法を選びましょう。

参考書籍『100年安心できる! 「いい家」の建て方』ぱる出版 著者:谷口弘和

    
コメント