日本中に増え続ける、空き家の大問題

日本は少子高齢化が進み、人口が減っています。それに伴って逆に増えているのが「空き家」です。あなたの実家もいずれ空き家になってしまうかもしれません。どんな対策をとればいいでしょうか。


空き家はなぜ増える

大きな原因としては人口の減少が挙げられます。しかし誰も住まなくなったとはいえ、家や土地には所有者が必ず所有者がいるので、本来は所有者が責任を持って管理するか、売却するなどなんらかの対処をとる必要があります。ところが、家の買い手や借り手が見つからず、所有者が住むこともできないという状態にあると、放置されてしまいがちです。所有者が高齢だったり、空き家よりも遠くに住んでいるというケースでは家の管理を十分に行うことは難しくなってしまうのです。さらに、家を解体して更地にすると、解体費用が数百万単位でかかることに加え、その後の固定資産税がそれまでより高くなります。住宅が建てられていることで税制優遇がされているため、優遇措置がなくなるからなのです。このように、所有者にとって金銭的な負担が大きいことも空き家増加の一因になっていると言われています。

空き家を放置すると強制撤去も

空き家が放置され続け、管理が行き届いてないとゴミ屋敷化したり、放火の原因になったりするだけでなく、地震や自然災害で家が崩れてしまうことも。老朽化が進むと、外壁や屋根瓦が落ちてきて、通行人にケガをさせてしまうという事故も起きています。また、不審者が住み着いたり、無断で家に入り込まれるということもあり、近隣の住民に多大な迷惑がかかってしまうのです。

自治体ではこのように放置された空き家を対象に、強制的に撤去し、撤去費用を所有者に請求できるという条例を定めているところもあります。再三の勧告に応じない場合、強制撤去となり、撤去費用を支払う必要が出てきます。

もしも実家が空き家になったら?

両親が他界したなどの理由で、実家が空き家になるということは、規模の違いはあっても、ほとんど誰にでも起きる出来事です。取り分け、戸建ての家である場合、その後売却するにしても、自身の手を離れるまでは残された所有者がきちんと管理しなければなりません。

空き家と借りたい人のマッチングを行っている「空き家バンク」や、空き家を定期的にパトロールして家の窓を開けたり、ポストにたまったチラシなどを処分してくれる民間のサービスも存在します。このようなサービスを活用するのもひとつの方法です。また、空き家の管理について、自治体で相談窓口を設けているところもあるので、空き家のある地元の役所へ相談してみてはいかがでしょうか。

意外にも家を残して維持していくとなると、けっこうコストがかかるものなのです。家族や兄弟間での助け合いも必要となってくるでしょう。持ち家がある家庭は、将来この家をどうするか、家族であらかじめ話し合っておきたいものです。

「関連本:空き家問題」の詳細を調べる

    
コメント