住まい探し

一戸建て、マンション、住宅ローンなど住まい探しに役立つ情報を紹介します。

  • 香港の屋上生活は快適?

    香港といえば、世界でもっとも人口密度が高い場所のひとつです。香港は、高度に都市化がなされており、いわゆるスラムと呼ばれるような場所が存在しないように見えます。香港のスラムといえば、九龍城がよく知られていますが、すでにこの場所は解体されています。

  • 街にもランクがある?

    東京暮らしをはじめるにあたり、どの街に住むかは重要です。もちろん職場や学校への通勤通学の便を考える、家賃と相談することは必要ですが、同じ家賃でも街のイメージがまったく異なる場所もあるのです。そんな鉄道と街にまつわる事情を記したものが首都圏鉄道路線研究会による『駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿』(SB新書)です。

  • 大学はひとり暮らしか通いか?

    大学に合格し春から通うという人もいるかもしれません。そんな時に気になるのは大学の周辺にひとり暮らしをするべきか、それとも実家から通うべきかということでしょう。実際はどちらがお得なのでしょうか? 圧倒的に安いのは実家 結論からいえば圧倒的に安いの

  • 八王子在住のススメ

    東京で一人暮らしをしたいと考えている人もいるかもしれません。そんな時、ネックになるのが家賃の高さでしょう。お金はないけれども、上京してみたいと思われる方にオススメの街が八王子です。 家賃が安い 八王子は家賃の安さに定評があります。ユニットバスで

  • 「買わなきゃ、住んでる家を燃やすぞ!」マンション勧誘、脅威の逆ギレ商法!

    日本の不動産事情も、東京オリンピック開催発表以来、好景気を迎えている。 そんな中、マンションの悪質な勧誘販売が増えているそうだ。 しつこいセールスや脅迫まがいの言動が原因の国民生活センターへの相談件数は、史上最悪の3千件を超える勢い。 そして、今回話

  • 住宅ローンはネット銀行と店舗どちらに相談するべき?

    消費税8%のうちに不動産購入を検討している家庭も多いのではないでしょうか? 「住宅ローンはどこに相談すればいいの?」「店舗相談のほうが住宅ローンのシミュレーションができて安心?」「ネットは安そうだけど不安」「相談したいけど近くに店舗がない」など悩みがつき

  • ハウスメーカーの原価は50%!? 住宅購入で損をしない「家の原価計算」と「ローハウス」

    家は人生で一番高い買い物ですが、家の原価を知っていますか? 大手メーカーでは、40〜50%ほどの原価になります。なぜ、これほどまでに原価が高いのでしょうか? 住宅購入で損をしないためには、かかった費用ではなく、原価で考えることが大切です。家を買う前に知っておき

  • 9割の人が高い家を買わされてしまう「坪単価」という罠

    住宅は高いもの。よくわからないまま、言われるがままに契約をし何千万円のローンを組む。これがいわゆる住宅購入の流れです。本来正しい知識を知っていれば、もっと安く同じ品質の家を買うことができるんです。高い家を買わされてしまうのは、「坪単価」という考え方に秘密があり

  • 高い家がいい家とは限らない? 1,000万円以下で家が買える「ローハウス」という考え方

    実は家は高ければいい家とは限らないことを知っていますか? 最近では、「ローハウス」という、1,000万円以下で買える一軒家が話題となっています。家を建てる前に知っておきたい「ローハウス」という考え方を紹介します。 「ローハウス」とは 「ローハウ

  • 勝手なイメージが失敗のもと! 田舎暮らしの理想と現実

    年をとったら、いずれは田舎暮らしをしたいなんて思ったことはありませんか。都市部の喧噪から離れて、静かな家で、ちょっとした野菜づくりに挑戦したり……でも、現実はそんなに甘くないのです。都内に長く住んでいる人ほど誤解している田舎暮らしのポイントについてご紹介します

  • 「リフォーム済み」の落とし穴! 外装リフォーム済という言葉の裏側

    中古住宅を選ぶ側は物件見学の際、あくまでも表面をながめるように見るだけで、購入の決断を迫られます。 「その住宅がどのくらいもつのか」 「いつごろ、どこを修繕すべきで、それにはどのくらいお金がかかるのか」 そんな、中古住宅の選択にもっとも必要な情報

  • 不動産購入でよく言われる「頭金は2割」の根拠って何?

    マンションや戸建てなど不動産購入をする際に、「頭金は2割必要」と言われることが多いです。この2割という数字の根拠は一体どこにあるのでしょうか? 頭金は2割という根拠なんてない 実は、資金計画の際によくいわれる「頭金は2割が目安」との言葉には、な

  • 「家賃はドブに捨てるから住宅やマンションを買ったほうがいい」っていう言葉は本当?

    「家賃はドブに捨てるようなもの。いつかは自分のものになる住宅を買ったほうがいい」 こんなセリフもよく耳にしませんか? 不動産の販売員はセールスの場面でよくこのようなトークを使いますし、一般の方においては、とくに戦後の高度経済成長期をくぐり抜けてきた人にそ

  • 住宅ローン契約前に知っておきたい! 住宅・マンションは「低金利は買いどき」という言葉の嘘

    住宅販売の典型的なセールストークに、次のようなものがあります。 「金利が上昇したら、毎月の支払いが、いま買うより●●万円も増えてしまいます。だから低金利のいまが買いどきですよ」 しかし、低金利は買いどきというのは本当のなのでしょうか?

  • 家の買い替えのタイミングは売るのが先? 買うのが先?

    家やマンションを買い替える際には、売るのが先か、買うのが先、どちらがよいのでしょうか? 売るのが先? 買うのが先? 現在住んでいる家を買い替える、という場合には、売る時期と買う時期をどうするかが問題になります。 新居が決まらないうちに売っ

  • 3種類の媒介契約?不動産売買の前に知っておきたい不動産業者の報酬と手数料!

    不動産売買は大きな金額が動くため、きちんと不動産知識を覚えておくことが大切です。不動産業者の報酬、手数料、媒介契約などを紹介します。 不動産業者の仕事とは 街を歩けば、「●●不動産」「●●住建」といった、不動産会社の看板を到る所で見かけるのです

  • 欠陥住宅・マンションの被害にあったときの対処法

    欠陥住宅をつかまされると人生設計が大幅に狂わされることになります。しかし、被害者が責任を追及しようにも、実質的には泣き寝入りという結果になってしまうケースが多いです。欠陥住宅・マンションの被害にあってしまったときの対処法を紹介します。 最も多いト

  • 住宅ローンを借りやすい人、借りにくい人

    銀行は誰にでも住宅ローンを貸してくれるわけではありません。所得がなければ貸してくれないし、職業によっても借りやすさが違います。住宅ローンを借りやすい人、借りにくい人を紹介します。 年齢条件 まず、年齢条件です。一般的には20歳以上65歳以下が条

  • 住宅ローン控除の節税メリットを活かせ! 住宅ローン控除を受ける条件と手続き

    マンションや戸建て購入する際に、住宅ローンを利用することがほとんどです。そこで、上手く活用したいのが住宅ローン控除! 節税メリットを活かすために知っておきたい、住宅ローン控除を受ける条件や手続きを紹介します。 住宅ローン控除とは 住宅ローン控除

  • 今一度思い出しておきたい自然災害の住宅支援の3つの制度!

    2011年3月11日に発生した東日本大震災。多くの人が住宅をなくしました。首都圏、中部など大地震のリスクがあるなか、今一度思い出しておきたい災害時の住宅関連の3つの支援制度を紹介します。 1. 被災者生活再建支援制度 被災者生活再建支援制度は、

1 / 3 1 2 3 最後 »