アウトレットマンションはお買い得か?

格安、激安、ディスカウント、アウトレット…あの手この手で安売りが発生しています。不動産にもアウトレットマンションがあるのをご存知ですか? しかし、この激安のアウトレットマンションは本当にお買い得なのでしょうか?


■アウトレットマンションとは

アウトレットマンションの明確な定義は存在していません。もともとはデベロッパーの竣工在庫をアウトレット専門業者と名乗る買取転売業者が「わけあり物件」として売っていたものでしたが、少し定義が広くなってきたものです。

元々のデベロッパーが売主のままでも、売れ残った物件(モデルルーム使用物件を含む)で、物件の完成・入居開始後も長期間にわたって未契約となっている物件などもアウトレットマンションと言われるようになりました。自動車で言えば「新古車」のマンション版のようなものです。

同様に元々のデベロッパーが売主のままで、売れ残った物件(モデルルーム使用物件を含む)で、「新価格(割引価格)」の設定やモデルルーム使用家具付き等、何らかの特典が追加されて販売されている物件もアウトレットマンションというようです。

■アウトレットマンションは買ってはいけない

アウトレットマンションを買うことはおすすめしません。安いといっても、元々の定価が高過ぎただけでアウトレットマンションと名乗る物件のことがほとんどです。そのため、価格的な魅力を感じる物件はありません。

■アフターサービスも不安

アウトレットマンションには、アフターサービスも不安です。特に、売主チェンジの物件は本当にアフターサービスを実施できる状況か心配です。実際施工したゼネコンの立場からすると、受注した会社とは違う会社がお客様に売っているのです。仮にアフターサービスをゼネコンとして受けても対応に身が入りにくいのは容易に想像できます。

アウトレットマンションをもし検討するのであればアフターサービスの窓口や定期アフターの頻度も確認しましょう。

安いからという理由だけでアウトレットマンションを購入するのはやめましょう。安いには安いなりの理由が存在するのです。マンションは「価値」が勝負です。

「やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない(藤沢侑)」の詳細を調べる

    
コメント