高い家がいい家とは限らない? 1,000万円以下で家が買える「ローハウス」という考え方

実は家は高ければいい家とは限らないことを知っていますか? 最近では、「ローハウス」という、1,000万円以下で買える一軒家が話題となっています。家を建てる前に知っておきたい「ローハウス」という考え方を紹介します。


「ローハウス」とは

「ローハウス」とはローコストハウスで、1,000万円以下の低価格で買える一軒家のことです。「ローハウス」は、健康や環境に配慮したライフスタイルを指す「ロハス」と「ローコスト住宅」を組み合わせています。

高い家がいい家とは限らない?

こだわりの家は高くて、いい家と思っている人がほとんどです。しかし、こだわりの家は、材料の仕入れ値が高いのも真実です。大量生産していない材料を使用するので、その分、割高になります。

たとえば、お風呂で考えてみましょう。1坪くらいの大きなユニットバスとシャワーユニットでは、シャワーユニットのほうが高くなる場合があります。「シャワーだけなのに、どうしてユニットバスより高いの?」と思うかもしれませんが、ユニットバスは大量生産しているのでコストダウンがしやすくなります。

それに比べて、シャワーだけを付ける家というのは少なく、数があまり出ないため、コストダウンができません。その結果、小さな材料でも高くなってしまいます。こだわりの家の値段が高いのは、このような理由も含まれています。

高い家はそれだけいい材料を使っている?

高い家はそれだけいい材料を使っていると思っている方も多いでしょう。しかし、そうとは限りません。ひとつの材料を選ぶときに、割高な材料を選んでしまっている場合もあります。実は、同等の類似品を使えばもっと安くなることが多いんです。

また、高い家はしっかりしたいい木材を使っているように思われがちですが、大手ハウスメーカーの高い木造住宅もローハウスの木造住宅も木材に大きな差はありません。このように高ければいい家とは限らないのです。

なぜ、高い家がいい家とは限らないのでしょうか? その秘密は、工務店とハウスメーカーの違いにあります。

ハウスメーカーと工務店の違い

不動産業界では、全国展開しているような会社をハウスメーカー、地元密着型の建設会社を工務店と呼びます。

ハウスメーカーには、ハウスメーカー特有のサービスがあります。モデルハウスなどがそのいい例です。多額のお金をつぎ込んで建てたモデルハウスは、いい意味ではサービスですが、見方を変えれば、ただの負担にすぎません。また、CMや広告に過剰にお金をかけすぎているのがハウスメーカーの特徴です。

その豪華なモデルハウスやCMの巨額なコストを捻出するために、家を建てるお客様に負担を強いているのです。地域密着型の工務店はモデルハウスやCMにお金を費やすことをしません。無駄な人件費はなるべくカットし、コストをとことん抑えることが可能です。

ローハウスのメリットは価格

ローハウスの一番のメリットは価格です。2,000万円かかっていた家が1,000万円で建てることができます。家の価格が安いため、ローンの負担も少なくなります。それ以外にも、一軒家ならではメリットの恩恵を受けることができます。

  1. 子供の足音や騒音を気にしなくてもよい
  2. ペットが飼える
  3. 庭でガーデニングを楽しめる
  4. パパママの趣味の部屋が持てる

ローハウスのデメリット1. 基本仕様はどの家も同じ

ローハウスは低価格でメリットづくしですが、もちろんデメリットもあります。ローハウスは、材料やパーツの数を多く仕入れることで徹底的なコストダウンを多なっています。同じお風呂に同じキッチン、同じドアとなります。

つまり、ローハウスの基本仕様は、どの家も同じなのです。変えられるのは色くらい。悪い言い方をすれば、ほかとの差別化ができません。なぜなら、同じものをたくさん仕入れることで値段を下げているので、基本仕様を変えてしまうと、その分、値段が上がってしまうからです。これがローハウスの特徴でもあり、デメリットでもあります。

ローハウスのデメリット2. 大きな間取りの変更ができない

ローハウスの場合、注文住宅とは違って、大きな間取りの変更ができません。その理由としては、同じ規格でつくることでコストダウンをしているからです。いくつかの図面パターンをすでに用意しており、そのなかから希望に沿うものを選びます。それがローハウスの基本です。

たとえば、「ここの部屋を少し広くしたい」となれば、間取りが変わってしまったり、建物の大きさ自体が変わってしまったりします。そうすると、もう一度図面を引き直さなくてはいけなくなり、新たな間接コストがかかってきてしまいます。

すでに決まっている大きさ、間取りのなかから、好みに合った物件を探すので、マンションや建て売り住宅と考え方は同じです。違いといえば、ローハウスの場合は完成した建物を売るのではなく、決まった規格の家をこれから建てるというところです。

注文住宅だけが、まだ形のないところからつくるので、もっと自由に、敷地に合わせていくらでも変更することができます。ただし、値段は格段に高くなります。あくまでもローハウスは注文住宅ではなく規格品であると考える必要があります。

価値の下がらない「ローハウス」

高品質で安い家である「ローハウス」は、価値が下がっても大きな痛手にはなりません。なぜなら、もとが安いからです。たとえばキッチンで考えてみましょう。大手住宅メーカーが50万円で仕入れたキッチンと同等品のものを、ローハウスは20万円で仕入れることができたら、それだけで30万円もの差額が生まれます。

大手住宅メーカーで買った人がこの事実を知ったら、きっとがっかりするでしょう。もの自体の価値が変わらないのであれば、50万円で買うより、20万円で買うほうがいい。キッチンに限らず、なんでも同じです。

「高品質なものを安く」の積み重ねで実現するローハウスは、まさに価値が下がらない家なのです。こうして資産価値が下がらないようにつくっておけば、もし、何かの理由で家を手放さなくてはならなくなったとき、損をせずにすみます。

また、間取りにしても、自分たちの使いやすさを考えるのも大切ですが、一般的に使いやすい間取りというものがあります。間取りや設備にこだわって資産価値を見失うより、安さにこだわって家づくりをしておくほうがずっと賢明なのです。

これからの住宅は「ローハウス」という新しい考え方がキーポイントとなりそうです。

「月々3万円のへそくりで 家が建った!「ローハウス」はみんなが集まる幸せの家(新谷准司)」の詳細を調べる

    
コメント