家の買い替えのタイミングは売るのが先? 買うのが先?

家やマンションを買い替える際には、売るのが先か、買うのが先、どちらがよいのでしょうか?


売るのが先? 買うのが先?

現在住んでいる家を買い替える、という場合には、売る時期と買う時期をどうするかが問題になります。

新居が決まらないうちに売ってしまうと、売買契約書に記載した引渡し日に引っ越しを完了させるため、やむをえず一時賃貸や実家などに入居することになります。ただ、売却時に時間的余裕があるので、価格交渉を優位に進められますし、実際売却によって得た金額を見てから新居を購入するので、資金計画がしっかり立てられるという利点もあります。

新居の購入が先だと、売りに出した元の家の買い手がなかなか決まらなかった場合、売却して得たお金をローンの完済に充てるつもりでいたら困ったことになります。仕方なく価格を下げて売るケースも生じます。

しかし、メリットもあります。元の家に住んだままで新居をじっくり選ぶことができますし、仮住まいになる心配はありません。手持ちの資金に余裕がある場合、購入を先にすることも悪くはないのです。

売却先行と購入先行のメリット、デメリットを検討し、自分の状況にあった方を選択して買い替えに臨むのが賢明でしょう。

参考本

「すぐに役立つ 不動産を「売るとき」「買うとき」の法律マニュアル」の詳細を調べる

    
コメント