家購入 vs 賃貸のどちらがお得?知らないでは済まされない4つのポイント

買うとしたら人生で一番高い買い物になる家やマンション。購入するべきか、賃貸のまま暮らすべきか悩むことも多いと思います。家を購入するのか、賃貸するのかで迷ったとき、ぜひ知っておきたい、いまさら知らないでは済まされない4つのポイントを紹介します。


1. 家賃とローンの負担金額は同じ

賃貸より家購入は本当に安いのでしょうか?実は、一生涯で計算すると家購入、賃貸ともに負担金額は変わりません。一定期間で見た場合、「資産価値」によって家購入が不利になる場合があります。またずっと賃貸で暮らすには2つの条件のクリアが必要になってきます。

1. 連帯保証人が確保できるか
2. ずっと家賃を払っていけるか

2. 家購入を「資産運用」として考えてみる

長期間の運用のを仮定し、家購入による「利回り」を考えてみましょう。家購入の「資産運用」的側面を最大限に享受するためには3つのポイントがあります。

1. なるべく早くローンを完済する
2. 維持費をできるだけ少なくする
3. 物件の資産価値を維持する

この3つのポイントがクリア出来れば家購入がお得になるケースが多いです。

3. ライフプランを計画する

長い人生のビジョンを描き、いつ、どこで、誰と、どのように暮らし、それはいつまで続くかの見通しを立てるましょう。家を購入するタイミングは、年代のメリットと注意点を考えないと損をする可能性が高くなります。

4. 家を購入して借金を返済できるか

賃貸派がかかえる不安は、「希望する水準の住まいをその時に選べる保証がない」、「家賃支払いがずっと続く」ことです。家を購入すると、家賃はかからなくなる反面、借金が発生します。借金の返済能力は本人次第なので、きちんと計画してお金を貯め、借金の返済プランを考えることができないのであれば、家購入はあきらめましょう。

家購入 vs 賃貸で迷ったとき、知らないでは済まされない4つのポイントを紹介しました。「「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本」では、家購入 vs 賃貸から、それぞれのメリット、デメリットをわかりやすく解説しています。家を購入したり、賃貸に関する知識があまりない人が、どれくらいの違いがあるのかを確認するのにおすすめです。

「「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本(竹下 さくら)」の詳細を調べる

    
コメント