家を建てる前に知っておきたいバリアフリーの考え方

バリアフリーと聞くと、段差のない床やスロープを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? バリアフリーとは、段差をなくすだけではありません。高齢者や障害者の日常生活に不自由をもたらすバリア(障壁)を解消すること全般を指す言葉として使われます。


バリアフリーの考え方

住宅のバリアフリーには2つの考え方があります。自立と介助です。なんらかの原因で身体機能が変化した場合でも、まず自立した生活を続けられることを優先します。やむを得ず誰かの介助を受ける際にも、出来る限り支障がないよう配慮し、施設に入ることなく自宅で永く生活できることが目的です。

医療、保健、福祉などの制度と同時に、バリアフリー住宅の整備は生活の質を向上させるのに不可欠であり、行政の補助も進められています。

バリアフリーは、宙吊りで移動できるリフトのように大掛かりな機械から、照明スイッチを取り付ける高さにまで、幅広く適用される考え方です。

バリアフリーは、この他にも、使いやすい洗面所やキッチン、家具、暖房設備の更新など、生活にかかわる全てのことに関わってきます。つまりは、高齢者から子どもまで全ての人にやさしく、体に負担の少ない動きで安心して生活ができる住まいにすること。それがバリアフリーの発想です。

完全なバリアフリー住宅を目指すのは難しいですが、例えば将来手摺がどこにあったら便利か考えて、壁に下地を入れておくなど、ちょっとしたことならば可能でしょう。もしあなたが新築やリフォームの計画をお持ちなら、たとえ今はまだ必要ないと思っても、早い段階から考えてみることが大切です。

所得税の減税対象となるバリアフリー

所得税の減税対象となるバリアフリー改修工事を挙げると、通路などの拡幅、階段の勾配緩和、浴室の改良、便所の改良、手摺の取り付け、段差の解消、出入口の戸の改良、滑りにくい床材への取替えの8項目です。

家を建てる計画段階から家族構成の変化を考えて、間仕切り変更がしやすいプランにしておく、手すりが必要となりそうな動線上に取り付け準備をしておく、といった工夫をしておくとバリアフリー対応にも簡単になります。

「一級建築士が教えます 住まいづくりの知っとこ!」の詳細を調べる

    
コメント