海外の公共図書館も便利?

海外旅行に行くにあたって、どういった場所を訪れるでしょうか。やはり観光ガイドブックに載っているような定番スポットや、有名なレストランは訪れたいところですね。

公共図書館はいかが?

そうしたなかで意外なスポットとして公共図書館はいかがでしょうか。観光スポットなどの場合は入場料を取られるところもありますが、公共図書館は完全に無料で利用できます。それは、その国の人や市民でなくとも利用できます。

トイレと水は手に入る?

公共図書館にはトイレもありますし、さらにはウォーターサーバーも設置されています。暑い場所などを歩き回って休憩したいという場合には良いスポットでしょう。さらに、本ばかりではなく、新聞雑誌、CDなどを揃えている公共図書館もありますので、その国や地域の文化に触れることが可能です。

夜までやっている?

さらに場所によっては夜までやっている公共図書館もあります。香港の図書館は夜9時まで、お隣のマカオにある図書館も一時期は24時間開館をしていましたが、現在は深夜0時まで開館しています。カフェなどでノマドワークをする人たちもいますが、海外の公共図書館もそうしたスポットとして利用してみるというのも面白いかもしれません。もちろん、タダで利用できるからといって飲食をしたり、あるいは大声で話をするといったマナー違反な利用はできませんので、そのあたりについては注意が必要です。