完済時75歳以下が条件? マイホームを買う決断の「タイムリミット」はいつ?

現金でマイホームを買えるのであれば、いつ買っても問題ありませんが、「住宅ローンを組んで家を買うか」決断を下すには、タイムリミットがあります。銀行などの民間金融機関の例では、「借入時の年齢が満20歳以上満65歳以下、かつ、最終完済時の年齢が満75歳以下」、フラット35なら「申込時の年齢が70歳未満で、完済時の年齢が満80歳未満」など、ローンを組む際に年齢制限があるのです。マイホームを買う決断の「タイムリミット」はいつなのでしょうか?


最終完済時の年齢に注意!

注意したいのは「最終完済時の年齢」です。住宅ローンの返済期間の上限は、一般的に35年間です。毎月返済額をラクにするために35年返済でローンを組みたいという人は、いつまでに借りればいいのか逆算してみましょう。

民間金融機関の例では、「75歳-35年=40歳」となるので、40歳より上の方が借り入れる場合は、35年より短い返済期間となってしまいます。たとえ、同じ額を借りたとしても、返済期間として分割する年数が減る分だけ、毎月返済額の負担は大きくなってしまいます。

年金収入だけでは生活していくことが難しい時代、できれば退職までに完済するプランが望ましいわけですが、そうなると、もっと早めの決断が必要になります。たとえば、40歳での決断で65歳まで働くつもりなら、返済期間は25年。毎月返済額が家計に無理のない水準に収まるようにローンを組みたければ、計画的にプランを検討することが大切になります。

ところで、65歳以下や70歳未満など、意外に高齢でも借入れができることに安心した人もいるかもしれません。収入の種類が、「就労収入」から「年金収入」に変わると借入れが難しくなるという話もよく耳にしますが、住宅ローンを組む場合、具体的には3つほど、収入条件をクリアする必要があります。

住宅ローンを組むために必要な収入条件

1つは、「同一勤務先に満3年以上勤務していること(自営業の場合は、原則として営業開始後満3年以上経過していること)」、2つ目は、「給与所得者および年金受給者の場合、前年の税込給与収入・税込年金受給額が150万円以上あること」、3つ目として、たとえば「年収に占める返済額合計が35%以下であること」といった所定の条件を満たすことです。

つまり、「地に足がついた仕事を持っていて、一定以上の収入があり、収入に占める借入額が所定の範囲内の額であること」が求められるわけです。ですから、単に年齢から見て借入れができるとは考えないことが大切です。

ちなみに、民間金融機関では、「団体信用生命保険」に加入できることが融資の条件になっていて、審査にひっかかると住宅ローを組むことはできません。ということは、健康なうちに借りるということも、ローンを借りる上でタイムリミットの1つと言えそうです。

民間金融機関で借りる場合は、完済時75歳以下にすることが必要です。マイホームを買うにもタイムリミットがあるので注意しましょう。

「マイホームを買うメリット・デメリット本当のところズバリ!(竹下さくら)」の詳細を調べる

    
コメント