住宅ローンはネット銀行と店舗どちらに相談するべき?

消費税8%のうちに不動産購入を検討している家庭も多いのではないでしょうか?

「住宅ローンはどこに相談すればいいの?」「店舗相談のほうが住宅ローンのシミュレーションができて安心?」「ネットは安そうだけど不安」「相談したいけど近くに店舗がない」など悩みがつきませんよね。

実際のところ、住宅ローンはネット銀行と店舗どちらで相談するべきなのでしょうか?


ネット銀行のメリット

ネット銀行は店舗運営に必要な固定費がかからないため、金利や繰り上げ返済時の手数料が安くなります。また、住宅ローン返済時の繰り上げ返済などをネットから申請でき、スピーディーな手続きができます。

ネット銀行のデメリット

ネット銀行では、書面で全ての判断をします。そのため、審査が厳しく多くの提出書類が必要になるため、審査に時間がかかります。そのため、住宅ローンの手続が間に合わない、月が変わって金利が上がってしまうというデメリットもあります。

また、ネット銀行の場合、店舗が少ない・無い場合、住宅ローンに関する疑問や支払いシミュレーションの相談ができません。計算が間違っていた場合、ローンが返済できなくなり、不動産を手放すことになるケースもあります。

店舗のメリット

店舗型のメリットは、金利や手続などわからないことを対面で質問できます。そのため、住宅ローンに関する疑問・不安点を解消することができます。また、様々なケースで住宅ローンのシミュレーションを行うため、無理のない返済計画を立てることができます。

店舗のデメリット

ネット銀行同様、住んでいる地域によって、店舗が少ない・無い場合があります。また、ネット対応が弱い店舗の場合、手続を行う度に、書面手続きや訪問する手間が発生します。

さらに、住宅ローンを専門に扱っていない店舗の場合、住宅ローンに関する適切なアドバイスを受けられないこともあります。

ネットが強く店舗数も多い専門会社がおすすめ

このように、ネット銀行、店舗型どちらかを強い会社を選ぶよりも、ネット対応も強く、店舗数も多い住宅ローン専門会社を選ぶのがおすすめです。また、住宅ローンの実績数も重要です。

【フラット35】のシェア1位の会社は?

【フラット35】の実行件数では、4年連続でSBIモーゲージが1位(※1)となっています。SBIモーゲージは、住宅ローン専門ショップで、全国に175店舗(※2)あるだけでなく、ネットにも強いのが特徴です。

住宅ローンをどこに相談しようか悩んでいる人は、住宅ローン専門で、店舗とネットと両方に強く、【フラット35】でもシェアNo.1の「SBIモーゲージ(http://www.sbim.jp/)」に相談してみてはいかがでしょうか?

※1 2010年度~2013年度統計【フラット35】実行件数(SBIモーゲージ調べ)
※2 2014年3月31日現在。

    
コメント