ご近所トラブル発生! 対策はどうすべき?

隣家から聞こえる騒音、ペットの鳴き声や臭い、ゴミの量が日に日に増えるゴミ屋敷となっている家があるなど、近隣の住民から迷惑だなと感じることがありますよね。どうしても気になった場合にやっておきたい対策について紹介します。


マンション、アパートならまず管理会社と相談しよう

マンションやアパートに住んでいる場合、まず相談しておきたいのが管理会社です。しばらくの間は我慢してきたけれど、どうしても気になるという場合、管理会社に相談すると、自身に代わって問題を起こしている住人に声をかけてくれます。当たり障りなく、相手にやんわりと注意してくれるだけでなく、相談してきた人の名前を言うことは通常ありませんので、安心して頼りましょう。

引っ越しできない戸建ての住人には?

戸建てに住む人に対して注意したい場合は、匿名のメモをポストに入れて改善してもらうようお願いするのもひとつの方法です。例えば、風鈴の音が気になって仕方がなかった人は「とてもいい音だと思うのですが、もう少しだけ控えていただけませんか」というように一歩控えめな態度の文面のメモを入れたところ、風鈴が外されたそうです。その後、さらに「ありがとうございました」とお礼のメモまで入れる気遣いも忘れなかったそうです。

行政や警察に相談するべき事例

迷惑行為の出所がわかっており、管理会社に相談しても改善されない場合、行政や警察にも相談してみましょう。警察に相談したい場合は「#9110」(日本全国共通)で電話相談することもできます。

ご近所とのお付き合いがなく、相談する相手がいないと一人で抱え込みがちになるため、かえって怒りをため込んでしまうこともあります。トラブルを解決するコツとしては、まずは管理会社や行政、警察などの第三者に間に入ってもらうこと、いきなり直接会って解決しようとしないことが、その後も快適に過ごせるコツのようです。

「不動産のQA情報」の詳細を調べる

    
コメント