戸建てがアパマンに勝つ理由とは?

アパマン建設会社のサービスは、一見とても便利で手堅い投資に思えます。けれども、現実に入居の需要がなければ絵に描いた餅になり、建築会社が倒産するリスクもゼロではありません。戸建て賃貸オーナーになるべき理由をピックアップしてお届けします。


アパマンは飽和状態、戸建て賃貸は行列待ち状態

現在、アパマンは完全に供給過剰な状態になっています。
空室率が20%近くに上昇してきているにもかかわらず、いまだに供給がされ続けている状態です。
それに比べて、戸建て賃貸物件はまだまだ需要に供給が追い付いていない状態です。
なかでも新築の戸建て賃貸物件は、圧倒的に少ないのが現状で、まさに入居したい人たちの行列待ち状態となっているのです。

戸建て賃貸はファミリー向けなので定着率が高い

戸建て賃貸の入居者はファミリーが多く、ファミリーは一度入居すると長く借りてくれるケースが多いからです。
特に、幼稚園や小学校低学年の子供がいるファミリーが借りてくれた場合は、少なくとも子供が小学校に通っている間は住み続けてくれることがほとんどです。
賃貸事業として考えた場合、同じ入居者が長く借りてくれるのと、入居者がコロコロ替わるのとでは、どちらが効率的かは一目瞭然でしょう。

Airbnb(民泊)としても活用でき、トラブルにもなりにくい

最近、一軒家をAirbnb(民泊)として貸し出す家が増えています。
現在、空いているマンションの一室を外国人旅行者に貸し出している人はたくさんいるのですが、マンションを貸し出す場合、トラブルがとても多いのが実情です。
ところが、一軒家をAirbnbとして貸し出す場合は、ほとんどご近所トラブルがないのです。
というのは、一軒家は独立しているため、騒音問題はなく、不特定多数の人が24時間出入りしてもトラブルになりにくいからです。

戸建て賃貸のほうが出口戦略が立てやすい

物件を売却して戸建て賃貸投資を終了することを「出口戦略」と呼んでいます。
戸建て賃貸物件を売却する場合は、買い主が投資家ではなく一般の人たちなので、判断基準は自分たちが住みたいかどうかになります。
また、基本的に値下げ交渉もほとんどありません。買い主は、売り主が提示した価格で、買うか買わないかを判断するのです。
銀行への返済がすべて終わっていれば、売却代金はすべて利益になりますので、自己資金を1円も使わずに、家賃で儲けて、さらに家を売って儲けるということもできてしまうのです。

【まとめ】

・空室率が上昇しているアパマンに比べて、戸建て賃貸物件はまだまだ需要に供給が追い付いていない状態。
・長く住んでくれる家族向けなので、家賃収入が安定していて効率的。
・外国人向けの民泊にしてもご近所トラブルになりにくく、売却する時にもアパマンに比べて断然有利です。専門家による現場の声、参考になりましたか?

★ 参考図書『マイナス金利時代のありえない「戸建て賃貸投資術」』
徳間書店(リンダパブリッシャーズ)
新谷准司 著

    
コメント