戸建て賃貸投資で失敗しないための注意点

戸建て一軒家のオーナーになって不労所得を得る投資法には、魅力がいっぱいです。でも、注意するべき点もいくつかあるようです。思いがけない事態を防ぐ、失敗しないための大切なポイントをお伝えします。


3つの重要点をしっかり把握してから始めよう

戸建て賃貸投資で失敗しないためには、次の3つのことに注意する必要があります。
1つ目は、物件選びです。
2つ目は、業者選びです。
3つ目は、チャンスを逃さないということです。

①物件選びはプロと一緒に

中古住宅については、安いからということで買ってしまうと、リフォーム代が高くついたり、リフォームでは対処できず、建て替えなければいけなくなったりすることもありますので、くれぐれも素人判断で購入しないよう注意が必要です。
土地についても同様で、安いからといって飛びついてしまうと、あとから多額の造成費用がかかったり、立地が悪くて入居者が決まらなかったりする場合もありますので、必ずプロの判断を仰ぐようにしてください。

②業者選びの7つのチェックポイント

2つ目は、業者選びです。
業者に相談に行く際に、少なくともこれらの7項目はぜひチェックするようにしてください。
□過去に戸建て賃貸物件を建てたことがあるか?
□賃貸ニーズに合った一軒家が建てられるか?
□収支のシミュレーションができるか?
□銀行借り入れのための書類作成ができるか?
□銀行との交渉の場に同席してくれるか?
□建てたら終わりではなく、入居者の募集まで面倒みてくれるか?
□入居者や物件の管理をしてくれるか?

③チャンスを逃さない!

初めて戸建て賃貸投資をする人の中には、せっかく良い土地が見つかって、銀行の審査も通ってお金が借りられる状態になったにもかかわらず、多額の借金を背負うことにビビってしまって、契約を白紙に戻してしまう人がいます。
そのまま前に進んでいれば、手に入れることができたであろう利益を、みすみすほかの人に譲ってしまい、手に入れ損ねたという意味では、悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

【まとめ】

・戸建て賃貸投資で失敗しないための注意点は三つある。
・物件選びはプロの判断を必ず仰ぐこと。業者選びは7つのチェックポイントに従って慎重に。
・チャレンジして何かに躓いて痛い目に遭うことよりも、何もせずに「あのとき、ああしておけば……」と後悔するほうを避ける。何事もチャンスを逃さないことが大切なのですね!

★ 参考図書『マイナス金利時代のありえない「戸建て賃貸投資術」』
徳間書店(リンダパブリッシャーズ)
新谷准司 著

    
コメント