混載便を利用して長距離の引越し料金を下げるコツ

混載便には効率よく荷物を運ぶことによって、料金が下がってゆく仕組みがあります。例えばA社の引越しのトラックに半分しか荷物を積んでいない場合、残りの半分のスペースに別の荷物を積むことができます。

その際、同じ方向へ向かうB社のトラックにも半分しか荷物がない場合は、A社とV社のトラックを一緒にまとめてしまえば輸送コストが半分にすることができます。その分、引越し料金の値下げに反映されるというわけなのです。ここでは混載便を利用して引越し料金を下げるコツを紹介します。


途中で降ろすことも可能

さらに混載便は目的地が同じではなく、東京から大阪へ向かう途中、例えば静岡で荷物を降ろすといったこともできます。よほどマイナーな土地にいかない限りは、大体は物流のトラックというものは都市間を走っていますので、何らかの混載便を利用することはできるでしょう。

基本的には引越し料金というのは、距離が長くなるほど跳ね上がっていっていくものです。長距離の引越しをする場合には、混載便を利用すると料金を下げて長距離引越しが可能となりお得となります。

混載便のデメリットとは何か?

では安く引越しが可能となる混載便ですがデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず時間の指定が具体的にはできないというものがあります。何日の何時に配達をして欲しい、荷物を運んで引越しをして欲しいという要望には細かく応えてくれない場合があります。

もちろん、荷物はタグ付きのコンピューターなどで管理されていますので、引越しの途中で荷物が他のものに紛れ込んでしまうということはまず存在しないものであると考えられますが、時間の都合だけはどうしようもならないものがあると考えた方がいいでしょう。

混載便は安くできる分、時間の都合がつきにくいというのがデメリットであるといえるでしょう。

さらに混載便は多くの利用者がいますので、場合によっては、自分の都合に合った荷物の動きをすることができないということもあります。繁忙期などに混載便を利用する場合は、そのことをあらかじめ考慮に入れておくと良いでしょう。

運べる量に限度がある

さらに混載便はスペースをシェアして引越しを行うものです。大きなトラックで運ぶとはいえ荷物の量には限界がありますので、大量の荷物を伴う引越しの場合には混載便を利用することは避けた方が良いでしょう。積める荷物の量などは各業者や、混載便の状況などによっても異なってきますので見積りの際に業者に問い合わせてみると良いでしょう。

混載便は、主として長距離の移動の際に、目的地や方向が同じ荷物を1つのトラックに混載して運ぶシステムを言います。その分輸送コストが下がってゆくので、料金が高めになりがちな長距離引越しを安くあげることができます。ただし細かい時間の指定などはできないので注意が必要です。

次の記事

「引越しの準備って大変! 引っ越しの準備でやることまとめ」

前の記事

「割引サービスを利用して引越し料金を下げるテクニック」

    
コメント