事務所・オフィスの引越し費用を安くするコツ【社員共有と早めの準備がポイント】

事務所やオフィスの移転にともなう引越しは、大量の書類やオフィス用品の移動が生じるため、引越し費用が高くなりがちです。しかし、オフィスや事務所の引越しであれば、社員やスタッフを引越し要員にすることも可能です。引越しを業者に依頼した場合よりも引越し費用が安くなることもあります。事務所・オフィスの引越し費用を安くするコツを紹介します。


早めの対策が必要

オフィスの移転が決まったならば早めの対策を行うべきでしょう。いつまでに引っ越すので、スタッフそれぞれに荷物の量を減らすように事前に伝えましょう。オフィスの荷物というのは、事務所で用いる共用のものもありますが、スタッフ個人が持っている荷物が多いのも特徴です。

また、共用の荷物の中にも、今後必要とならないものも多く含まれていることがあります。昔の仕事で使った書類などが、キャビネットに詰め込まれたまま眠っていることもしばしば。そういった場合には、個人情報の処理などに気を使いつつ、処分を検討していくと良いでしょう。古い書類など不必要な物も処分していきましょう。

業者選びもお早めに!

複数の業者に見積もりを依頼して早めに相場を調べておき、業者の選定なども早めに行いましょう。引越しまでのスケジュールに余裕がある場合、引越し業者が動きやすくなり、引越し費用を安く交渉しやすくなります。

スタッフ間の連絡を密にする

事務所やオフィスの引越しに際しては、スタッフ間の連絡を細かく行うようにしましょう。張り紙やメールを活用しするとよいでしょう。

連絡事項としては引越しの日時や「余計な荷物は何日までに整理しないと処分する」といったように期限を連絡しましょう。だらだらとやっていては、オフィスや事務所の引越しというのはなかなかはかどりません。いつまでが期限かをスタッフ全体で共有できるようにしましょう。

引越しの前日か前々日は普通のオフィスワークは行わずに引越しに専念する日時を設けるのも有効でしょう。会社の机周りというのはどうしても乱雑になってしまいがちです。引越しや移転を機会として「断捨離」を思い切って実行するように手がけるのもおすすめです。

社員の荷物が多かったり、片付けが進んでいないことが原因で、オフィス・事務所の引越しの費用は高くなりがちです。事前に社員と連携し、引越し費用が安くなるように調整しましょう!

次の記事

「初めての一人暮らしを成功させる引越し3つのポイント」

前の記事

「家族での引越し費用を安くするコツ【荷物と時間対策がポイント】」

    
コメント