学生が引越し料金を安くするなら「学割」プランを活用しよう!

大学や専門学校に進学するために、一人暮らしを始めるという人も多いかもしれません。学生向けの引越しというのは、基本的に単身者用のプランとなるのでしょうが、さらに安くするコツがあります。それは「学割」を利用するという方法です。


引越しにも学割はある

学割というと、電車などの交通費に適用されるものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、引越しにもしっかりと学割プランはあります。

学割プランを利用する場合、引越し自体も初めてという人も多いことが想定されます。そのため、引越し業者も細かい相談に乗ってくれます。さらに、荷造りなどを手伝ってくれるサービスもオプションで存在します。
 

ハイシーズンも安く利用できる

学割を用いた引越しというのは学校への入学や卒業にともなって利用することも多いでしょう。日本の場合、3月卒業、4月入学というところがほとんどですので、引越しをその前に行うとなると、2月から3月のシーズンに集中してしまいます。

これらのシーズンは学生以外にも就職や転勤など、多くの引越しが重なるシーズンとなっています。そのため、どこの業者も相場は高めとなってしまいます。その点、学生向けの学割引越しではお得なプランが維持されているので、利用者にとっては嬉しいでしょう。

荷物は少なめなのが前提

ただし学生向けの引越しは荷物が少ないという前提があります。実際に運べる量も限られていますので、事前に見積もりなどを行っておくと便利でしょう。学生向けの引越しが申し込まれたので、現地に向かったら本やレコードを大量に持っていて荷物の量が桁違いだったというケースもあります。

現在では電話で家具の量を訊ねて見積もりを終える業者さんも多いので、荷物の量でトラブルにならないように、荷物の量が多そうな人は事前に申告しましょう。実際に見積もりにきてもらうと引越しトラブルを避ける事ができます。

時間の都合も業者に合わせよう

引越し業者は1日に多くの引越しを行っています。学生向けの学割引越しプランも、その前に1件、その後にも1件の引越しを行うといったパターンもあります。そういった場合にはどうしても時間のずれ込みが発生します。

時間に幅がある分、引越し料金が安くなっていますので、時間を合わせる分、料金が安くなります。引越し業者に合わせることで、安く引越しを済ませることができるのです。

学生時に引っ越しをするときは、学割プランをうまく活用して、引越し料金を安くしましょう!

次の記事

「単身赴任で引越しするときのコツ」

前の記事

「初めての一人暮らしを成功させる引越し3つのポイント」

    
コメント