単身赴任で引越しするときのコツ

マイホームを持つと単身赴任になりやすいという噂を知っていますか? 会社は、マイホームを買った人はローンのため会社を辞めないと考え、残酷な単身赴任を言い渡します。急な単身赴任になってしまったときの引越しのコツを紹介します。


単身赴任の準備期間は少ない

単身赴任は、会社の人事という特性上、単身赴任直前に言い渡されることが多いです。3月に内示があり、4月の頭には新しい勤務先にいるということもあります。そのため、単身赴任の引越しというのはどうしても慌ただしくなり、準備期間が少なくなりがちです。

引越し先の物件の情報を集めよう

単身赴任をする場合、現地の不動産屋を回っている時間がないこともほとんどです(特に遠方の場合)。そのため、会社が物件を紹介してくれることもあります。会社によってはマンションやアパートを会社の寮として借り上げていて社宅に住むという場合もあります。単身赴任が決まった場合は、まず引越し先の物件の情報を集めることが重要です。

単身赴任の期間はどれくらい?

単身赴任の期間はどのくらいなのかによって引越しに必要な準備は変わってきます。1年や2年単位で行うプロジェクトが完了するまでの期間限定なのか、それとも明確な期限はない3年から5年といった不定期なものなのか単身赴任の期間は様々だからです。

単身赴任の期間によって、身の回りの日用品を家から持っていくのか、新たに現地で買い直すかということも決まります。1年程度の赴任でしたらキッチン周りやトイレ周りの用品などは、家にあるものからいくつか見繕って持っていく程度で良いかもしれません。しかし、長い間となると、現地で新たに買い揃える必要があるでしょう。期間に応じて荷物の量は変わります。

引越しの予約は早めに

引越し業者の手配は会社が行ってくれることも多いので、会社とうまく連携をし、引越し費用を自分で負担しなくていいかどうかも事前に確認しましょう。料金は会社負担であっても、手配は自分で行うケースもあります。

単身赴任の場合、通勤ができない距離に一人で住むため、長距離引越しとなることが多いです。そのため引越し業者のオファーは早めに出しましょう。新天地の勤務開始日というのはあらかじめ決まっているのであれば、そこから逆算して、引っ越しする日にちを事前に交渉しておきましょう。

引越し業者もハードスケジュールで動いていますので、早めに伝えてもらった方が料金も安く設定しやすくなります。基本的に長距離の引越しは全国に支部支店のある大手業者を選ぶと良いでしょう。カバー範囲が限られている業者だと断られる可能性もあります。

単身赴任となった場合の引越しは、単身赴任の状況に応じて対応が代わります。単身赴任の場所、期間がどれくらいを把握し、単身赴任に必要な手配をするようにしましょう!

次の記事

「建替え時の引越しの注意点」

前の記事

「学生が引越し料金を安くするなら「学割」プランを活用しよう!」

    
コメント