建替え時の引越しの注意点

家の建て替えを行う時にも引越しは必要となります。今回は建て替え時の引越しの注意点を検証してみましょう。


仮住まいの家はあくまでも暫定

家の建て替えの引越しは、新しい家が建つまでの間、仮住まいの家に住むことになります。基本的にはこれまで住んでいた家よりは狭い家に暫定的に住むことになります。そのため、前の家の荷物のすべてが仮住まいの家に入りきることはありません。

荷物を減らす努力を

それなので、まずは新居に入る前に、荷物を減らす努力をしてみると良いでしょう。不要品を処分することで新居がごみごみとしたものではなく、すっきりとしたものにすることもできるでしょう。引越しというのは、大変な作業ですが、これを機会とばかりに断捨離を実行する絶好のチャンスでもあります。この機会を逃さない手はないでしょう。

建て替えパックを利用する

大手の引越し業者の中には、家の建て替えパックを設けていることもあります。これは新しい家が建つまでの間、一時期的に荷物を預かってくれるというものです。

基本的に、旧居から仮住まいまでの引越しと、仮住まいから完成した新居への引越しの2案件を同じ業者に頼むことになります。そのため、引越し料金もお得な料金を提案してくれるというわけです。今後の生活に必要となるものであるが、仮住まいには入りきらないという荷物がある場合には便利なシステムです。例えば、仮住まいが夏の間に限られるならば冬服や、ふとんなどかさばるものは、一時的に保管しておいてくれれば便利ではないでしょうか。

荷物の分別が必要となる

建て替えかパックを利用する際は、当分必要な荷物と、必要でない荷物をしっかりと分別することが必要になるでしょう。段ボールにしっかりと内容物を記して分けておくことが必要です。

建て替えパックを利用しない場合でも、荷物を旧居の荷物置き場に置いておいたり、トランクルームを利用するなどすると思いますので、使う荷物と使わない荷物がごちゃまぜにならないように気をつけましょう。

建て替え引越しは意外と安い?

建て替え用の引越しというのは、基本的には近距離を移動するものです。仮住まいの場所も基本的には近所に引っ越すことになりますので、運ぶ荷物の量が多くても料金はそれほどかからない場合が多いです。

引越しの料金というのは荷物の量とともに移動距離にしたがって料金が値上がりしてゆきます。まずは各業者の見積りをとって比べて見ると良いでしょう。

次の記事

「女性が引越しするときの注意点」

前の記事

「単身赴任で引越しするときのコツ」

    
コメント