同棲する場合の引越しの注意点【二人暮らし】

同棲生活を始めるにあたっての引越しは、男同士、女同士の同姓の友人同士の引越しや、夫婦の引越しと比べて注意する点は多くあります。

同棲生活はどのようにして始まるのでしょうか。男女どちらかの家にそのまま転がり込んでしまうのか、あるいは、同棲を始めようと思って2人で不動産物件を探すのか。状況によって対策は異なってきます。初めての二人暮らし・同棲する場合の引越しの注意点について紹介します


カップルの両方とも一人暮らしだった場合

同棲生活を開始するにあたって両方ともに一人暮らしだった場合は、まず家具や家電の整理を行うことが必要です。

当たり前のことですがテレビや冷蔵庫や洗濯機などの家具や家電は2つも要りませんので、どちらか1つを処分することが必要です。年式が新しいものを残すのか、間取りにあっているものを残すのか、理由は何でも良いのですが、引越し直前になって慌てるより、早めに話し合って結論を出しておくと良いでしょう。

あるいは、両方とも家具を処分してしまって新しく買い直すことを考えても良いでしょう。そうした場合は引越しの前に、家具や家電を選ぶ時間も必要になりますので、余裕を持って引越しスケジュールを組みましょう。引越し代金に加えてお金がかかっていくことも忘れてはいけません。

リサイクルショップなどに古い家具や家電を買い取ってもらうということもできますが、あまり高額を期待しない方が良いでしょう。引越し料金の足しになればいいくらいの金額がもらえるくらいです。

日用品の整理、確認を

家具や家電など大きなものではなく、日常生活に必要なささいな商品も2つも要らないものがあります。

例えば、歯ブラシは2つ必要でしょうが、お風呂やトイレ周りの用品は1つずつでよかったりします。食器類なども双方が持っているものを、持ち寄ってしまうと荷物になってしまうこともあります。

2人暮らしを始めるにあたって、1人暮らしで使っていた荷物をそのまま持ち込むと新しい部屋が荷物で溢れてしまうことになります。CDや本などの趣味の商品や、衣料品などはある程度、選別して持ち寄るようにすると良いでしょう。

入居前の部屋はスペースが広く見えるかもしれませんが、家具や家電を配置するとああという間にスペースが無くなってしまうこともよくありますので、物は持ち込みすぎないようにしましょう。

引越し日程はどう組むか

では引越しのスケジュールはどのようにすればよいでしょうか。

荷物の整理や人の出入りなどが多くあるので、基本的には、引越しの日時はずらした方が良いでしょう。どちらにせよ、引越し前の物件から同棲先の物件まで荷物を運ぶことで引越し作業は1つの案件としてカウントされます。

引っ越す場所や時間帯によっては違う引越し業者を選ぶことも可能です。前の物件の退去日時などを調整してうまく引越しスケジュールを組むようにしたいものです。

実家暮らしの場合など

次に、男女どちらかが1人暮らしをしている物件にそのまま転がり込むというパターンです。そういった場合に運び込む荷物は必要最低限のものにすると良いでしょう。

実家の一軒家や広いマンションならば、物を置くスペースは無数にあるかもしれませんが、同棲生活をするような物件は基本的に収納スペースが限られています。

思い出の品といったもの意外は、大体のものは買い直したりすることができるものです。生活を始めてみて不便を感じたらその都度、買い揃えていくくらいが良いでしょう。

同棲生活というのは2人の協力が不可欠です。お互いが欲しいもの、置きたいものを持ち込むとあっという間に物件に物が溢れてしまうことになります。ゆずりあいの精神で、引越し日時や荷物の量などを調整して行くと良いでしょう。

初めて同棲する場合、引越し時のトラブルを避けるためにも参考にして下さいね。

次の記事

「生活保護を受けた状態で引越しをするときに気をつける4つのポイント」

前の記事

「女性が引越しするときの注意点」

    
コメント