引越し荷物の預かりサービス・トランクルームとは?

引越しというのは、元の物件から、新しい物件にその日に荷物を運んでしまうものだと思われがちですが、日時をずらして引越しをすることも可能です。その間、荷物を一時的に預かってくれるサービスを多くの引越し業者が用意しています。

しかし、荷物が野ざらしになるのではないか、あるいは大事なものが無くなるのではないかと心配する人も多いでしょう。今回は、引越し荷物の預かりサービスやトランクルームサービスについて紹介します。


どういう時に必要になる?

荷物を一時的に預かってもらう必要はどういった時に発生するのでしょうか?

まずは引越しの距離が長いという場合があるかもしれません。
その日のうちに引越し元から引越し先に行けないので、時間を空けたいというものです。

あるいは、新しい物件で前の住民の退去が済んでいないために、荷物を運び出すことができないといった事例もあるかもしれません。そういった場合に役立つのが荷物の一時預かりサービスです。

大手の業者は広い保管スペースを持っているので、緊急の場合にも対応してくれます。ただ、無限にスペースがあるわけではありませんので、事前に預ける荷物が生ずそうな場合は引越し業者に伝えておくとスムーズです。

トランクルームを利用する手も

ある程度、長い間保管する場合などは、トランクルームを利用する方法もあります。トランクルームを引越し先に指定することもできますし、引越し業者自体がトランクルームを持っていることもあります。

トランクルームは、屋外に重ねてあるものから、屋内で空調が管理されているものまで環境が様々です。荷物を預ける前に、どのような環境にあるのかを確認しておくと良いでしょう。

特に、屋外に設置されているものもあります。そういった場合は太陽や、雨が降ることに寄る湿気の影響も懸念されますので、熱や寒さや湿気に弱いものは預けるべきではないでしょう。

料金はどのくらい?

引越しの荷物預かりサービスというのはどのくらいの料金がかかるものなのでしょうか。まず基本的に数日から一週間程度でしたら無料で預かってもらえるところも多くあります。その後は1ヶ月あたり約1万円から2万円程度の料金がかかるところが多いようです。

日割で預かってくれる業者も多くあります。単身者の場合は1日あたり500円程度から、家族連れで1,000円程度から、預かりサービスの料金が設定されているようです。
月極より若干割高になっています。

セキュリティの心配は?

荷物を長期間預けておいて行方不明になったりしまわないかと不安な方もいるかもしれませんが、現在の預かり荷物はタグを付けてコンピューターで管理されていますので、どこかへ行ってしまうということはありません。

セキュリティに関しては基本的に心配はいりませんが、やはり現金などの貴重品は預けるべきではないでしょう。大体の荷物は預けることが可能でしょうが、貴重品などの預かりは断られることもあるかもしれません。壊れ物を預ける場合には厳重な梱包が必要となるでしょう。各引越し業者に確認しておくと良いでしょう。

引越し荷物の一時預かりやトランクルームなどのサービスは豊富に用意されています。今の家を退去するが新しい家が決まるまで1ヶ月間、必要な荷物を預けたいといったものから、日程は1日から量も段ボール1箱から預かってくれるサービスもあります。

引越しの状況に応じて一時預かりやトランクルームサービスを利用してゆきましょう。

次の記事

「コンテナで引っ越しをする3つのコツ【長距離引越しに最適】」

前の記事

「生活保護を受けた状態で引越しをするときに気をつける4つのポイント」

    
コメント