海外引越し、国際引越しの費用を安くするコツとは

引越しというのはなにかと費用がかかるものです。国内においても遠距離の引越しではそのぶん輸送費などでお金がかかってゆきます。それは海外への引越ならばなおさらかかっていくと考えて良いでしょう。海外の引越を格安ですることはできないのでしょうか。ここでは海外引越し費用を安くするコツを紹介します。


海外引越しはどのように行われるか

まず海外へ引っ越すことになる国際引越しは、はどのような場合に行われるのでしょうか。やはり、ある程度海外に住まなければいけない場合に行われることになると思います。その理由は留学であったり海外赴任であったりすることでしょう。

海外引越しを取り扱っている業者というのは限られてきます。国内の引越しならば地元密着型の業者を利用することによって料金を安くすることもできるようになります。しかし、海外の引越しに対応している業者というのは基本的には大手の業者が取り扱っています。ヤマトなどの大手の業者などが代表的であると言えるでしょう。

海外引越しは時間がかかる

通常の引越しならば、様々な要素で値切れるポイントや安くするポイントがありますが、海外引越しというのは、そういった要素があまりありません。

海外引越しというのは基本的には船便で行われます。飛行機に大量の荷物を積み込んで運ぶには、大量のお金がかかってしまうためです。そのため、人間は飛行機で移動しても、荷物はその分遅れて届くものと考えましょう。

例えばアメリカならば、船便での荷物の到着は2ヶ月はかかると見ておいた方がいいと思います。さらに海外引越しというのは荷物を外国に出入りさせるために税関の検査を通り抜けなければいけません。生活に用いる衣料品などに関税がかけられることはありませんが、大量に持ち込んだりした場合には販売目的と見なされて税金がかかってしまうこともあります。

梱包も業者が行う

さらに、通常の引越ならば、荷物の梱包は自分で行うことによって安くすることができますが、海外引越しの場合は業者が荷物を梱包することになりますので、その分料金が値上がりしてゆきます。なぜ、業者が荷物の梱包をする必要があるのでしょうか。それには、海外引越しをめぐる事情が存在します。

通常の引越しは同じ業者が荷物の梱包と運搬を行いますが、海外引越しの場合、複数の業者を経由することもあります。その際に、荷物の取り扱いが雑になってしまい、荷物が破損してしまうという可能性もあります。さらに、あまり考えたくないことですが、ダンボールをテープで止めただけの梱包の場合は、中身を盗られてしまうこともあります。そういったリスクを避けるためにも、荷物は業者によって厳重に梱包する必要があるのです。

海外引越しを安くするポイント

海外引越しを安くするポイントというのは、運ぶ荷物の量を減らすようにすると良いでしょう。荷物の量が多くなればその分費用はかかってゆきます。

現在は海外に住む日本人も増えてきています。日本人が多く住む都市では日本食品や、日本語の雑誌や書籍などは簡単に手に入れることができます。何よりインターネットに繋がる環境があれば、日本と同じ居住環境を確保することはできるはずですので、必要最低限のもの以外は、引越し荷物に加えないようにすると良いかもしれません。

さらに、荷物の中には貴重品などを混ぜ込まないようにすると良いでしょう。荷物の破損のリスクや盗難のリスクが伴います。さらに船便で時間がかかる間に、荷物の内容物の劣化なども考えられます。もちろん、海外への持ち込みが禁止されているもの、違法なものを持ち込むべきではないことは言うまでもないでしょう。

海外引越しを安くするコツは、まず対応している引越し業者が限られているので、その引越し業者をピックアップする。その中で見積りを出してもらい安い引越し業者を選ぶ。さらに、荷物の量を必要最低限のものにすることで料金を下げるようにすると良いでしょう。

次の記事

「安心できる引越し業者の選び方【評判・比較を利用しよう】」

前の記事

「近距離・短距離の引越し費用を安くするコツ」

    
コメント