引越しで納得いく見積もりのポイントとは?【料金トラブルをなくすコツ】

今年も引越しのシーズンがやってきました。ネットで比較して業者を選べるので便利な時代ですが、いざ引越しを頼んでみると意外とトラブルもあるようです。その多くは見積もりにからむ問題なのですが、業者ばかりが悪いわけではなさそうです。料金トラブルもなく、安心して引越しをするための見積もりのポイントとは何でしょうか。


まずは見積もりから始めよう

引越しを考えたならばまずは見積もりを依頼しましょう。見積もりには、ネットで比較見積もりするネット見積もり、電話で家具の種類などを申告して、その場で見積もりを出す電話見積もりと、業者の担当者が直接家へ来て見積もりを出す訪問見積りの3種類が基本です。

引越しというのは基本的に荷物の量で料金が決まります。荷物の量によって、使用するトラックの種類が異なってきます。引越し業者は多くの案件を抱えていますので、その日に引越しの内容とマッチングするトラックを手配できるかを含めて検討することが見積もりのポイントとなります。 

見積もりは契約のための必要準備

一人暮らしでも荷物が多い場合や家族世帯の引越しの場合などは、訪問見積もりをお願いするのがベターです。業者さんに来てもらうのは申し訳ないという気持ちもあるかもしれませんが、のちのち荷物の量をめぐってトラブルなどが起きるよりは良いと考えましょう。

見積もりは、発注側、受注側が納得をもって契約を締結するための儀式であり、事前に起こりうるトラブルを回避できる安全措置だと考えるべきです。

1. ネット見積もり

引越し業者の見積もりを比較したい人は、ネット上にある見積もりサービスを利用するといいでしょう。家族の引越しか単身かなど、引越し条件を入力すればおおよその見積もり金額がわかるので便利です。現在は多くの業者がこのサービスを実施しています。

引越し業者を利用した人のアンケートや口コミ情報が載っているサイトもありますので、業者を選ぶ際の参考になります。どの業者にするか決めたら、次は見積もり依頼です。

2. 荷物が少ない場合は電話見積もりを

一人暮らしで荷物が少ない場合などは電話で見積もりをしてもらえば良いでしょう。家具の大きさも冷蔵庫などが顕著ですが、単身者用と家族用では大きさも重さも異なります。そのため、電話見積もりを行う際には、テレビならばモニターのサイズや、洗濯機ならば、何リットルの容量があるかなどを把握しておくとスムーズにできるでしょう。

3. 訪問見積もりのメリット

ネットや電話だけで見積もりができる業者もありますが、できれば業者に訪問してもらって、実際に住居や荷物を見てもらったほうが正確な見積もりが出せます。訪問見積もりを依頼しても料金はかかりませんので、時間があれば依頼するようにしましょう。

ネットや電話で伝えた内容と実際の荷物が大きく違った場合、料金が割り増しになるだけでなく、荷物の搬出、搬入に予想外の時間がかかってしまうこともあります。通常、業者は引越し先の下見はできませんから、新居についてはできるだけ詳しい情報を伝えることが重要となります。訪問見積もりには次のようなメリットがあります。

  1. 情報が正確に業者に伝わり、行き違いがなくなる
  2. 荷物量と搬出経路を見せることで、必要な作業人員と作業時間がわかるので料金の割り増しがない
  3. 引越しのアドバイスをもらえる
  4. 引越し業者の態度を見ることができる

この中で意外と重要なのが4.かもしれません。態度が気に入らなければ見積もりの段階で業者を変えることができます。基本的に見積もりはその場で料金を出してくれます。その場で答えを留保して他の業者さんと比べて見ると伝えるのも良いですが、ある程度の値引きには応じてくれますので、交渉して見ると良いでしょう。

見積もり依頼するポイント

見積もりしてもらうには、荷物の情報を業者に正確に伝えることが大切です。これをしっかりやっておかないと、いざ引っ越してみたときに、追加料金となってしまい、結局高い引っ越し代になってしまうこともあります。

見積もりと実際の引越し料金に差が出ないようにするには、業者が見積もりに必要な情報を正確に伝えなければなりません。そのためにはどんな情報が必要なのでしょうか。

  1. 住居の種類(一戸建てかマンションかなど)
  2. マンションなら何階か(エレベーターの有無、駐車スペースの有無)
  3. 新築かどうか(新築ならそれなりの養生が必要)
  4. 間取り
  5. 具体的な荷物の種類と量
  6. 特殊な荷物の有無

などです。6.の特殊な荷物とは、たとえばピアノや絵画などです。観葉植物や骨董品、ガラス細工のように壊れやすいものなども大きさや量によっては割増対象となることもあるので、事前に伝えるようにしましょう。

見積もりする際は荷物の量に注意!

見積りで見られるポイントは基本的に荷物の量です。そのため、引越しに際して処分する予定の家具などがある場合はその場で申告しましょう。もちろん、引越しの際にはその家具は処分されていなくてはいけませんので、手放すか迷っている場合などは申告すべきではありません。

むしろ、引越しが決まってしまったら、処分するものの整理を終えてから見積もりを依頼するとスムーズであるかもしれません。

さらに、家やマンションの外にあるものも見積もりの対象になります。原付のバイクや自転車はもちろんのこと、物干し竿、鉢植えなども、意外とかさばるものになりますので、見積もりの際に報告しましょう。

割り増し料金を請求されたときの対処法

基本的に業者は見積書に書かれた料金以外は請求できないことになっていますが、見積もり時に伝えた情報が正確でなかった場合は別途請求されることがあります。業者の言い分に正当な理由があれば負担するようにしましょう。

割り増し料金の請求はトラブルの原因となりやすいので、お互いに行き違いがないよう見積もりは正確に出すことが大切です。

ネットで検索すれば複数の業者を見比べることができて便利ですが、引越しの前にはできるだけ訪問見積もりを依頼して、トラブルなく引越しができるようにしましょう。

次の記事

「引越し料金の相場はいくら?引越し料金の決め方とは」

    
コメント