引越し費用を安くするテクニック!どんなときに引越し費用が高くなるのか?

引越しはきちんと計画を立ててやらないと、思った以上に費用がかかる場合があります。どんなときに費用が高くなるのか、どうすれば安く引越しができるのか、さまざまな角度から見てみましょう。


引越し費用の訪問見積もり

正確な引越し費用を出すには、業者に訪問見積もりを依頼するといいでしょう。業者に来てもらって実際に運ぶ荷物の量を見てもらわないと、引越し費用がいくらかかるかはっきりわからないのです。

見積もりは電話だけでもできますが、実際に運んだ荷物が電話で受けた内容より多いと業者が判断した場合は、追加料金を請求されることがあります。そうなると結局引越し費用が高くついてしまうのです。また、業者に訪問してもらうのは、荷物の搬出経路を見てもらうためでもあります。

引越し元が一軒家なのかマンションなのか。マンションなら何階なのか。エレベーターの有無、トラックの駐車スペースの有無などを業者の目で見てもらったほうが、スムーズに引越しができるのです。

シーズンや曜日で変わる引越し費用

引越し費用はシーズンによって変動します。進学や就職、転勤などで引越しする人が多い3月~4月は業者も忙しいので費用が割り高になります。これに次いで引越し費用が高いのが夏休みです。

長い休みを利用して引越しする人が多いので高くなるのです。また、引越し費用が変わるのはシーズンだけではありません。安いシーズンでも、土日祝日は高くなります。引越しは仕事が休みの日に行うことが多いので、どうしてもサラリーマンやOLが休みの日に集中するので高くなるのです。

平均的な引越し費用

引越しシーズン、荷物量、距離から総合的に割り出した引越し費用の目安は以下のとおりです。

繁忙期(3月、4月):15km未満

  • 単身荷物大:51,000円
  • 家族2人:101,000円
  • 家族4人:122,000円

繁忙期(3月、4月):50km未満

  • 単身荷物大:68,000円
  • 家族2人:110,000円
  • 家族4人:140,000円

繁忙期以外:15km未満

  • 単身荷物大:45,000円
  • 家族2人:70,000円
  • 家族4人:104,000円

繁忙期以外:50km未満

  • 単身荷物大:53,000円
  • 家族2人:84,000円
  • 家族4人:118,000円

引越しに伴う費用

引越しにかかる費用はこれだけではありません。不要な家具などの処分を引越し業者に依頼すると追加料金を取られますが、処分品が多いと意外と大きな金額になります。また、引越し先の住居が賃貸である場合は敷金、礼金が必要となります。

引越し先では新居の間取りに合わせてカーテンを買い替えたり、畳の部屋からフローリングに移って寝具も布団からベッドに変わることもあります。これらの費用も引越しに伴う出費となります。

引越し料金のことだけ考えて引越し計画を立てると、予算を大幅に超えてしまいますから気をつけましょう。引越し料金はシーズン、荷物量、距離によって変わりますし、引越しにかかる費用はそれ以外にもあります。

引越し時期を選べるなら業者が暇なシーズンに引っ越すなどして、できるだけ安い引越し費用で済ませるようにしたいものです。

次の記事

「物件が決まったら抑えておきたい引越しの手順」

前の記事

「引越し料金の相場はいくら?引越し料金の決め方とは」

    
コメント