引越しの安い時期・繁忙期はいつ? 12月、1月、6月が引越しシーズンにおすすめ!

引越しというのはシーズンごとに大きく値段がことなります。引越しの時期を変えることによって、繁忙期にひっかかってしまうと、料金が2倍から3倍に跳ね上がってしまうこともめずらしくありません。引越しを賢くするには、繁忙期を避けて安い時期を選ぶことがまず絶対条件です。


繁忙期はいつになる?

 
では引越しが集中する繁忙期とはどのシーズンのことを言うのでしょうか。基本的に引越しの繁忙期は3月や4月に集中します。これは日本において進学や就職などで引越しが必要になる人が多くいるからです。

もっと早めに引越し対策ができればいいのですが、引越しというのは自分の都合だけでできるものではありません。

例えば学校の合格発表は、大学の場合は、推薦入試などをのぞいて、2月や3月に決まることがほとんどです。そこから物件を探して荷物のとりまとめなどの準備を行い、いざ引越しとなると3月に入ってしまうことになります。これは日本全国に共通の現象です。そのために、引越しは3月に集中してしまうのです。

さらに就職の場合でも、学校を卒業するのは3月であり、会社で働き始めるのは4月になります。卒業式というのは3月に執り行われますので、引越しをそのあとに設定しまうと、やはり3月から4月ということになってしまいます。

閑散期はいつ?

では引越しが集中しない閑散期とうのはいつになるのでしょうか。基本的に繁忙期の3月、4月を除いたすべてのシーズンが閑散期ということができます。

その中でも、引越しの数が少ないシーズンは年末から年始にかけてです。11月や12月、1月などは引越しが集中していません。2月になれば多少忙しくなってくるかなという感じです。

さらに6月においても引越しの閑散期にあたります。これは日本においてはほとんどの地域が梅雨入りしています。連日のように雨が降るため、そういったことならばいっそのこと引越しは梅雨明けにしようという心理が働くのかもしれません。

このように引越しというのはシーズンによって値段が大きく上下してゆくものなのです。引越しを考えている場合は、余裕や、時間の調整などがつく場合には、閑散期を選んで行うと良いかもしれません。閑散期の方が値段交渉などの融通も効きます。あらゆるポイントから見て閑散期の引越しがお得であると言えるでしょう。

次の記事

「年末年始の引越しは意外とお得! 12月と1月の引越し事情」

前の記事

「レンタルトラック・軽トラを利用して自力で引っ越しする方法」

    
コメント