4月から5月にかけての引越しはお得か? GWは注意!

引越しを4月から5月にかけて行いたいと考えている人もいるかもしれません。この時期は引越し業界にとってどのような時期なのでしょうか。4月は繁忙期ですが、5月の状況はどのようになってゆくのか。今回は、は4月から5月にかけて引越しをする場合の引越し料金の相場などについて解説します。


4月半ばから安くなる

引越しの予約が集中する繁忙期は3月から4月にかけてです。そのため、4月は繁忙期にあたりますが、4月の引越しは上旬に集中します。

3月下旬に学校を卒業して、4月の上旬に新居に引っ越すといったパターンがそれです。

そのため4月も中旬から下旬にかけて引越しを行う場合は、料金の値段も下がっていくものと考えておいて良いでしょう。時間に余裕がある場合は、4月上旬に焦って高い料金を払うよりも、少し時間を置いてみた方が有利な条件で引っ越しをすることができるようになります。

5月は安いが連休には注意

4月に入って値段が下がっていく引越し料金は、5月に入るとさらに下がってゆきます。基本的に5月は、引越し業界においては仕事があまりない閑散期にカウントされます。

ただし、ゴールデンウイークの引越しには注意が必要です。閑散期であっても、週末や祝日の料金は平日の料金に較べて割高となっています。まとまった休みが取れる時期でもありますので、この時に引越しを行う人もいるため値段が上がっていきます。

さらに、移動する地域によっては、高速道路の帰省ラッシュや、Uターンラッシュに引越しのトラックが引っかかってしまうこともあると思いますので、予定通りに引越し作業を終えることができないかもしれないというリスクもあります。

6月に近づくほど安くなる

4月から5月にかけての引越しというのは、ゴールデンウィークをのぞけば、時間がたつにつれて料金は下がっていきます。この先の6月に入ると、さらに料金は下がっていきます。

4月から5月にかけての引越しは、時間がたつにつれて安くなってゆきます。ただしゴールデンウイークは多少高めとなります。その後、5月に入ると値段は下がってゆき、6月はさらに安くなります。

引越しする日程にもよりますが、引越し料金が安くなる時期にうまく調整するとお安く引っ越しすることができます。

次の記事

「6月、7月、8月の引越しはお得か? 梅雨から熱い夏にかけた引越し事情」

前の記事

「2月、3月の引越しって高いの? 繁忙期に入る前に引越しを!」

    
コメント