即日・当日に引越しってできるの?【夜逃げも楽勝!?】

引越しというのは事前の準備が多くあります。荷物の梱包はもとより、電気ガス水道電話などの連絡など多くの作業があります。準備期間はどれだけあっても足りずに直前には慌ただしくなってしまうこともあるでしょう。

そこで生まれるのが引越しは即日、当日で行うことができるのかという疑問です。結果を言うと、即日引越し、当日引越しに対応している業者は数多くあります。


即日引越しはなぜ可能か?

その日のうちに引越しのお願いをして引越し作業を行ってもらうことはなぜ可能なのかといえば、引越し業者というのは複数のトラックを持っているためです。緊急の事態に対応するために予備のトラックというのも持っています。引越しを行うのにトラックが故障してしまった、という場合に予備のトラックが駆けつけられるようになっているのです。

さらに即日の引越しの発注に対応できるようにトラックも用意されています。さらに、トラックがすべて出払っているということは、よほどの繁忙期を除いては、はまずないと思いますので、即日当日引越しにも対応してくれるというわけなのです。

タイムリミットはいつ?

当日、即日引越しというのはその日に引越しの注文をして、引越し作業を行うわけですからその際、時間の制限はあるのでしょうか。基本的に午前中など早い方が良いのですが、正午、あるいは午後の早い時間までならば即日引越しに対応してくれるところもあるようです。

慌ただしい引越しになってしまうので、荷物の梱包なども手伝ってくれます。その分、料金は値上がりしてゆきますが、緊急の手間賃と考えましょう。さらに不要品の処分なども受け付けてくれますのでお願いしてみると良いでしょう。

引越し業者の探し方ですが、どの業者が即日引越し可能であるかを見るには、一括の見積りサイトなどを利用するとスムーズです。その際に自分が即日引越しを行いたい旨を伝えておくとスムーズです。さらに、一括見積りサイトは、すぐに返信が来るので、その場で複数の業者をピックアップして値段交渉を行うこともできます。

即日引越しの需要は多い

即日で引越しが必要になる場合は意外と多いものです。転勤が急に決まったが仕事が忙しく、その日しか空いている日がいないといった場合もあるでしょう。あるいは、さまざまな事情ですぐにこの街を離れなければいけないということもあるでしょう。

即日引越し、当日引越しは多くの業者が対応しています。なるべくならばその日の午前中か、午後の早い時間までに申し込むべきでしょう。

しかし、緊急だからといって言い値で受けてしまわずに、さらに一括見積りサイトなどを利用して最も安い業者を探ると良いでしょう。どうしても、即日・当日に引越しをしなくてはいけない場合に注意して下さい(夜逃げも楽勝?)。

次の記事

「遠距離の引越し費用を安くするコツ」

前の記事

「休日よりも平日に引越しをすると安くなる理由」

    
コメント