なぜ引越しそばを食べるのか?

最近ではあまり見られなくなりましたが、かつては日本古来の風習で引越した時には、引越しそばを食べるという習慣がありました。なぜ引越しの後にそばを食べるようになったのでしょうか。


理由は語呂合わせから

引越しそばを食べるようになった理由は単純な語呂合わせからと言われています。引越しそばは、自分たちで食べるのではなくご近所に挨拶周りの品物として配るものでした。その際に、すぐ側に引越してきましたということで、そばを配るようになったのです。

さらにそばの形状にちなんで、細く長くお世話になります、という意味が込められていたとも言います。

始まりは江戸時代から

引越しそばの風習は江戸時代に、江戸で始まったものと言われます。江戸時代におけるそばの扱いは、安くてうまい商品という扱いでした。同じように寿司も、手軽に食べられるファーストフードとして重宝していました。

高すぎもせず、安すぎもせずといったちょうど良い商品としてそばが重宝したのかもしれません。さらに夏場などには、そばが悪くなってしまうため、そばを買える商品券のようなものが配られてきたとも言われています。

引越しそばの風習は江戸時代から始まったものです。おそばに引っ越してきました。細く末永くお願いしますという意味が込められたものだったのです。

次の記事

「引越しの挨拶はどうすればいいの? 知っておきたい引越しの挨拶マナー」

前の記事

「敷金返還トラブルを防げ! 引越し前の立合いが必須な理由」

    
コメント