引越しにかかる日数はどれくらい? 準備から引越し完了までのスケジュール

初めて引越しをするという場合に、準備にどの程度の日数をかければいいのかわからないという人もいるでしょう。ここでは引越しの大まかなスケジュールについて解説します。


必要な日時を逆算する

引越しをスケジューリングするポイントはまず外せない日時を設定することです。例えば4月から学校へ行くので、3月末までには引越しをすると定めるのです。そこから逆算して必要な日時を定めると良いでしょう。物件の更新が迫っているからこれを機会に引越しをしたいというものも理由になります。日時を決めることで、引越し完了までの日数が計算できます。

早めに動くに越したことはない

引越しというのは引越し先の物件がなければ行うことができません。物件というのは常に流動的に入れ替わっているので、なかなか希望の条件に合致したものがなかったりします。少なくとも引越しを考える3ヶ月前には、インターネットなどで物件情報を検索していくようにしましょう。

引越し業者の予約も早めに行う

新しく引越しをする物件の契約が済んだら、次に引越し業者を探すことになります。基本的に早く予約を行えば、他の業者とサービスや値段を比較するといったことをする余裕があります。さらに引越しの日取りも、引越し業者の都合に合わせれば安くなることもありますので、早めに動くことはお得となります。

引越し準備は最低でも1週間

物件が決まり引越し業者が決まったとなれば、次は荷物の整理です。引越しの荷物の整理や準備というのは前日にやるようでは絶対に間に合いません。少なくとも1週間前には動き出すようにしましょう。これも、1日の大半を引越しの準備作業に当てられる場合です。仕事や学校と平行して行う場合は、2週間程度の時間を持って少しずつ作業をこなしていくと良いでしょう。

引越しの準備にかける日数は、最低限でも物件探しを含めると3ヶ月前(約90日)、引越し業者の予約は1ヶ月前(約30日)、引越しの荷造り作業は1週間前(7日)に行うようにしましょう。早めに動いていくのがベターです。

次の記事

「引越し前のバルサン! 新居のゴキブリ、虫対策について」

前の記事

「引越し時の転校手続きについて」

    
コメント