引越し前のバルサン! 新居のゴキブリ、虫対策について

せっかく新居に越したのに、引越し早々に虫やゴキブリが出てしまっては気分が悪いものです。そこで、新居のゴキブリなどの害虫対策について解説します。


集合物件の盲点

一軒家に引っ越す場合をのぞいて、ほとんどの物件はマンションやアパートなどの集合住宅スタイルでしょう。集合住宅の場合、自分の部屋だけに気を使っていればいいわけではありません。

例えばマンションならば隣の家がバルサンを炊けば、ゴキブリなどの虫が、自分の家に逃げこんでくるということがあります。さらに配管など共用のものを伝って、外から物件の中に虫が入ってくることもあります。集合住宅は、そういった虫が入ってくる経路を塞ぐことも虫対策となります。

周りの環境をチェック

引越しが決まったならば物件の周りの環境をチェックしておく必要があります。例えば両隣には居住者はいるのか、同じ物件に飲食店など虫が発生しやすい環境は存在していないかといったものです。

そういった条件に当てはまる場合は引越し前に虫対策を行っておく必要があります。

引越し前にできること

新居に虫を寄り付かないようにさせるためには、引越し前に物件を訪問して、害虫対策を施しておくと良いでしょう。ゴキブリ対策用の、シートやホウ酸団子などを設置しておく。さらに、死骸などが転がっている場合は、こまめに掃除を行うといった対策が有効です。

さらに風呂場や流し場などの水辺の周りにも重点的に害虫対策用の、薬品などを流し込んでおくと良いでしょう。

引越し前に絶対やりたいこと。それが「バルサン」

そして、引越し前にしかできないことは「バルサン」です。引越してからバルサンをすると、バルサンの煙や残り物質の処理が大変なので、入居前に新居でバルサンを炊いておきましょう。

新居にゴキブリなどの害虫を発生させないためには引越し前の物件に害虫対策用の装置を設置し、事前に虫が発生しない、寄り付かない環境を作っておくことが重要となります。引越し前のキーワードは「バルサン」です!

次の記事

「引越し前後の掃除はどこまでやるべきか」

前の記事

「引越しにかかる日数はどれくらい? 準備から引越し完了までのスケジュール」

    
コメント