引越しの挨拶はどうすればいいの? 知っておきたい引越しの挨拶マナー

引越しの挨拶のしかたがわからない人は案外多いようです。特に若い人はこういった挨拶に慣れていません。失礼にならないためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。引越しの挨拶のマナーについてまとめてみました。


引越しでも挨拶は大事!

最近は近隣の人との付き合いが希薄になったといわれますが、それでも最低限の挨拶は欠かせません。新居での引越しの挨拶は新生活を気持ちよくスタートするためにも重要です。挨拶には基本的なマナーがあります。引越しの挨拶で大切なのは、いつ、誰に、何を伝えるかです。

挨拶する時間のタイミング【旧居】

これまでお世話になった人への挨拶ですから、ご近所とどの程度親しくしていたかで変わってきます。家族ぐるみの付き合いなど、かなり親しいご近所づきあいをしていた場合は、引越すことが決まったらすぐに知らせるのがマナーです。

たとえば転勤だったら、転勤の辞令が出たらすぐに伝えましょう。あまり付き合いのないご近所には、引越しの前日でもかまいません。

挨拶する時間のタイミング【新居】

引っ越す人は新居のまわりの住人のことが気になりますが、まわりの人たちも新しい住人に関心を持っています。引っ越したらなるべく早く挨拶に行きましょう。引越しの挨拶なら多少遅くお邪魔してもかまいませんが、それでも夜8時までにしましょう。

引越しで大変だったのは近所の人も知っていますから、遅くに行っても失礼ではないし、むしろその日のうちに来てくれたと喜ばれます。

誰に挨拶するか【旧居】

引越しの挨拶は、最低限両隣と向かいの家にはしたほうがいいでしょう。集合住宅なら両隣と下階の人には挨拶すべきです。下階の人には騒音などで迷惑をかけた可能性があるからです。小さい子供がいれば、迷惑をかけているあ可能性が高いです。

管理人さんや大家さんにも挨拶しましょう。ただし、大家さんと面識がないなら挨拶は必要ありません。最近はこういったケースも増えてきました。

誰に挨拶するか【新居】

近所づきあいは「向こう3軒両隣」といいますから、両隣と向かい側の3軒には挨拶したいものです。集合住宅なら両隣と下階、上階の人にも挨拶しておきましょう。下階の人にはこちらが騒音で迷惑をかけるからですが、上階は騒音問題が発生したときのために、どんな人が住んでいるか見ておくためです。

何を伝えるか【旧居】

お世話になった人に感謝の気持ちを伝えましょう。

挨拶例

「急ですが転勤で明日引越すことになりました。明日はトラックが入ってご迷惑をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。いろいろお世話になりありがとうございました」

何を伝えるか【新居】

今後お世話になる近隣の人に、「これからよろしくお願いします」という気持ちを伝えましょう。

挨拶例

「東京から引越してきました●●と申します。本日は引越しでご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。これからよろしくお願いします。お近づきのしるしにお受け取りください」

と言って挨拶の品を渡します。挨拶の品は菓子折り、タオル、洗剤などが一般的です。値段は500円〜1,000円くらいにしましょう。あまり高価なものはかえって気をつかわせます。

挨拶の基本は感謝の気持ちを伝えることです。引越しというひとつの区切りに、お世話になった人とこれからお世話になる人に心のこもった挨拶をしましょう。

次の記事

「マンション・アパートの引越し挨拶マナー」

前の記事

「なぜ引越しそばを食べるのか?」

    
コメント